とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 腰を痛めて1週間

つげ櫛のすすめ!

今回は『つげ櫛』のすばらしさをお伝えして健康になって頂こうと思います。簡単且つ!即効しますので、ビックリされるかもしれません!

 

櫛(くし)ならば何でもよい訳ではありません。プラスチック製のきれいな色の櫛は数多く販売されていることから、つげ製の櫛はちょっと押され気味かもしれませんが、日本文化の中にしっかりと生きています。髷を結う世界では欠かすことはありません。先人たちが我々現代人にしっかりと伝えてくれています。

 

頭には、さまざまなツボというか、反応点というものが数多く存在しています。つげ櫛を使って!髪だけではなく頭皮をも梳(す)くだけで経絡に気がきれいに流れます。行うだけで目がスッキリとし視界が明るくなるのを直ぐにお感じになれます。

 

頭を全体的に行えば、経絡に働き必ずや良い結果をもたらします!

そのあとに腰の痛む場合は、両サイド耳の上の部分を行います。

肩の痛みの場合は、丁度!七三分けの部分を行います。

 

このように行っていますと、顔のむくみやすい方は自然と小顔になっていきますし、白髪も黒くなり且つ又!髪の質も良くなります。「まるでうそみたい」といわれますが「真実です!」とお伝えするしかありません。^^

 

とにかく『つげ櫛』をお持ちになり、共に行なってみましょう。行われましたら、僕たちが「真実です!」とお伝えしたことがお分かりになって頂けると存じます。

 

つげ櫛療法』として、良かったらほかの方にもお伝え頂ければ幸いです。みなさんと共有できれば、柴田接骨院スタッフ一同!それだけで満足!とても嬉しいです。(礼)

 

これからも良い情報はひとり占めにせず!ドンドン発信して参りますので今後ともよろしくお願い致します。

 

追伸:つげ櫛をお作りになっているみなさん!本当にありがとうございます。感謝をもって使わせて頂きます。拝、

 

 

 

 

comment