とれたてblog

TOP > とれたてblog

雪道に細心の注意を

道路も庭先も雪が積もって通行に支障が出ています。雪すかしのほかにも、雪に足を取られ膝や足首を捻ったり、雪道に滑り交通事故に遭ってしまうなど!このような状況においては「雪道に細心の注意」をしなくてはなりません。やはり、柴田接骨院においても交通事故で通院される患者さんがいらっしゃいます。雪道に限らず、咄嗟に相手の車が近づいてぶつかるまでの間は一瞬ではなく『スローモーション』であることが多く、その間は非常に不思議なもので、一瞬が数秒間と長く感じます!これは正に『からだに及ぼす被害を最小限に抑える時間』だと僕たちは捉えています。これはもう経験がそれを教えてくれています。多くの交通事故の患者さんにそのことをお聞きしています。事故はあってはならないものですが、このことを頭の片隅に置いて頂ければと思います。事故は一瞬です!然し、当事者同士は何故か『スローモーション』でその瞬間を迎えます。すべてがそうであるという断言はできませんが、かなりの確率で確認されています。そのときに少しでも危険を回避できるように片隅にお留め頂ければ幸いです。

 

富山県砺波市 柴田接骨院 柴田佳一 拝、


降り続く雪に

きのうもそうですが、雪が断続的に降っています。昨夜は1:00頃に除雪隊の皆さんが作業を開始されました!本当に感謝です。「ありがとうございます」降り続く雪に交通網のマヒなどが発生することも多く、車内に水や食料!毛布なども常備したいものです。もちろんトランクにはスコップは必需品ですね。然し!今の大雪は困りますが、降らないとまた困るのです。ここ富山はお米の美味しいところです。米騒動でもある意味有名だと最近思っています。このお米は雪が降らないと害虫が発生しやすくなり、美味しい米づくりに影響するのです。朝晩の冷え込みも大切であって、雪が降らず朝晩の冷え込みがないと美味しい富山のお米にはならないのだそうです。雪もまた天の采配である!と、ひとり頷くのでした。^^


天の采配で大雪!

「これ何ぁ~んだ?」これは熊本くまモンの白バージョンの後ろ姿ではありません。我が家の軽四セルボ君なのです!きのう積雪を分かり易くするために駐車場に停めたのです。45cmくらい積もっていて、セルボ君が誰なのか分からなくなってしまいました。早朝2:00過ぎから除雪隊が作業を始められました。「いつも安全の確保にご尽力してくださり、誠にありがとうございます」連休中も雪模様となる予報です。きっと天の采配で『大雪を降らせるから家に居なさい』と言われているのだと僕は思います。


新年を迎えて

皆さま本年もどうかよろしくお願い致します。「感謝」令和3年を迎えて思うことを記してみたいと思います。先ずは「今まで以上に自分のできる対策の徹底をして、自他ともに命を守ること!言うべきことはしっかりと伝えること!背筋を伸ばして胸を張り、楽しく笑って生きること!粥有十利を伝えること!」これらを自分への強制ではなく自然にできるようになればと思います。そうすればきっと!転じて福と為すことができる。元日の今!何故か不思議とそう思っています。        


からだのサイン!

「痛みは、あなたのからだからのサインです」ケガによるものであっても『からだが疲労したので休養しよう』というサインを無視して頑張った結果!ケガをしてしまう。暗がりを歩く前に『ライトを持ってこよう』と頭に浮かんだのに時間がない!と思い込み、歩き出して躓きケガをしてしまった。左肩ばかりに荷を担ぎ、股関節に痛みが出てしまった。等々!いつも私たち人間のからだはサインを出しています。そのことを理解しているのとしていないのでは大きな差が生じてしまいます。

 

自分自身のからだからの「サイン」や「声」をそのまま受け取ることは本当に大切になってきます。『今!出ていかなければならないのか?会わなければならないのか?』このようなことも自分自身が一番分かってくれているのだと思います。サインを受け取っての行動!と強行突破した行動・・・。

 

僕はからだのサインを声をそのまま受け取って行動しようと思います。


好転反応?

痛みを取り去り、笑顔になって頂くのが僕の仕事だと思っています。「好転反応は出ますか?」とお尋ねがありました。『好転反応』とは、治療の過程で一時的に起こる身体反応のことで、漢方薬の知識体系で瞑眩(めんけん・めんげん)と言い、病状の改善が現れる前の一時的な悪化であり、経験上3~4日まで持続することが多いと言われています。この瞑眩と言う言葉は18世紀の漢方医である吉益東洞により日本で広く知られるようになりました。然し!!厚生労働省は「好転反応」には科学的根拠がないと明示しています。これからは僕の考えであり自論であることをここに記しておきます。痛みを何とか取ってほしいと患者さんは来院されます。治療の後に痛みが悪化することを『好転反応』だと告げられても納得される患者さんはいらっしゃらない!と僕は思います。3~4日痛みにまた耐えないといけない治療を継続することは何としても避けてほしいと僕は思います。

 

僕の考える『好転反応』とは、お困りの痛みをその場で消し去り、お困り顔から一気に満面の笑みに転ずることが一番『好転反応』と言えるのではないかと考えます。お尋ねの患者さんは一気に痛みが消え去り、満面の笑みで「え~!」と仰いましたので、僕は「これが正に好転反応なのです」とお伝えしました。上の写真は南天の花です!難を転ずる意があることから選びました。さり気ないところが僕は好きです。^^

 

このブログが福音となれば、一考一助になればと存じます。

富山県砺波市 柴田接骨院 柴田佳一 拝、

 

 


今からの楽しみ

これは去年の大根です!とても立派に育ちました。今年は播種をめちゃくちゃ遅らせたので、どうなるか楽しみでもあります。稲も今年は暑すぎて、新米の美味しさがイマイチだとお聞きしています。僕は気候の変化は地軸の変化であると考えています。これは自論なのですが、そう考えるしか納得が難しいのです!僕はこれからも植え付けや播種は遅らせてみようと考えています。やはり、近年は暑すぎなのです!朝晩の冷え込みが、お米を美味しくしてくれる。時期を計り、時機を逸することなく、時季を見極め、やってみての判断!やらないでどうこう言えません!だから、何でもやってみて!経験してから言いたいと思います。さあ!結果はどう出るか?今から楽しみです。^^


テーピングの話

今回はテーピングの話をしてみたいと思います。よくスポーツの大会が開催されるとケガ(足首の捻挫が多い)に対してテーピングを行ない試合に臨んでおられる選手が多くいらっしゃいます。また、一生懸命に選手をサポートする方々に拍手を送りたいと思います!いつもありがとうございます。さて、本題に入ります。サポートしてくださる方が不在の際に、自分自身はもちろん!チームメイトにテーピングをお願いすることがあると思います。テーピングをする場合!関節と靭帯の構造と働きを知って行なってほしいと思います。やみくもに巻き付けてしまい、関節の動きを困難にするケースや軽度の捻挫に巻きすぎと圧迫が強すぎる為、後から痛みが激しくなり歩行困難!さては歩行不能になっているケースをたくさん経験しています。

 

柴田接骨院では『毛利家の三本の矢』と同じく3本のテーピングでパフォーマンスを低下させないようにしています。来院された選手にはお伝えしていますが「あまりたくさん巻き付けないほうがよろしいですよ~」一考一助になればと存じます。^^


珍しいサトイモの花 2

富山県小矢部市の患者さん宅にある畑で、珍しくそして美しい花が次々と『わたしを見てっ!』と言わんばかりに咲いています。8月9日に初めてご紹介させて頂きました「サトイモの花」。僕も今の歳まで「サトイモの花」は、お目にかかったことも聞いたこともありませんでした。正にあり得ないという石頭的な思い込み!前にもお伝えしましたが『高温・多湿・多雨』の条件が揃えば開花するのだそうで、正に今年の夏!そのままだと思います。8月9日から次々と咲くサトイモの花は、僕たちにどんなメッセージを伝えているのでしょうか?それは多分!今年の末ではなく、2.3年あとに「あ~!そういうことかあ」ってなるような気がしています。Mさんご夫妻いつも貴重な記録をありがとうございます。富山県内や近県の方で、貴重なサトイモの花が開花された方がありましたら是非!ご連絡をお待ちしております。

 

   〒939-1346 富山県砺波市狐島181

       柴田接骨院 柴田佳一まで

      ☎fax    0763-32-4331

 

  ※『沖縄、九州へと近づく「ハイシェン」に気をつけて!』(祈)


天の恵み

昨日と今日の週間天気予報は降雨となっていましたが、急に変更となり、降雨の予報が外れてしまいました。「ヤーコンとアピオスにキクイモ」の世界三大健康野菜に天の恵みが欲しかったので残念でした。天の代わりに僕が水を撒くのですが、天の恵みとは比較になりません!天から降る雨によって植物たちが生き生きと凄く元気になるのです。この違いは見た目でも匂いでも不思議と分かります。我々人間も天の恵みをいっぱ~い頂いていることを忘れていたのかもしれません。大自然の前では、人間は本当に無力なのに・・・。

 

只、僕はそう思います。^^


1 / 1512345...10...最後 »