とれたてblog

TOP > とれたてblog

柔道整復術

柔道の大内刈りが見事に決まるその一瞬です。相手の一瞬の隙を逃さず仕留めます!相手は「しまった!」と感じたと同時に背中を畳に天井を仰ぎ見ることになります。正に見事な「一本勝ち」です!僕たちの仕事はこの柔道(柔術)から生まれました。柔道整復術という方法を使い、非観血的に歪体を正体にいち早く回復させることを目的としています。自然治癒力、自己治癒力を徒手的に引き出して、大きくその治癒能力に働きかけます。この徒手整復法は、骨折や脱臼だけではなく、捻挫や挫傷!打撲などの陳旧性などにも大きな効力を発揮します。全く動けない腰の痛みなど一瞬の整復法にて雲散霧消!させる東洋医学、いや!日本で生まれた『日本医学』であると僭越ながら自負し、そう思っています。


試合に臨む君へ

小学生の男の子がバスケットボール練習中に小指を突き指してしまい、痛くて握れない。明日は練習試合なので、何とかしてほしいと来院されました。診ていきますと小指には大きな腫れはなく、痛みだけが激しい状態です。やはり、握ることは痛くて約20%程度しか握れません!では治療に入ります。先ずは小指を整復します!これは軽く牽引してから痛めた関節を直圧します。次に頸椎を整復して終了します。もはや痛みも消え去り強く握ることも可能になっています。「今日の練習試合!活躍を期待してるよ~っ」また、遠方から来院された空手少年も今日が試合!非常に明るい性格なので、緊張のなかでも楽しく力を発揮できると思います。「膝は良い状態だから大丈夫!頑張れ~っ」^^/


塩磨きでピカピカ

毎日必ず行なうことのひとつ!「歯磨き」僕は「塩」で磨いています。我が家では、食塩は一切使いません!「能登の塩」を料理にそして歯磨きに使っています。その訳は!?『一番自分自身に合っているから』『自然の恵みだから』です!還暦になって、体験したことを振り返ってみますと、歯茎の腫れや痛み、歯のぐらつきに黄ばみなどさまざまを経験しています。歯科の専門治療を受診することはもちろんですが『塩磨き』も充分と言いますか、凄い効果をもたらしてくれるのです。以下に記することは、僕の体験に基づくものであることをお断りしておきます。『塩磨き』を始めて1ヵ月くらいで歯茎の腫れも引きはじめ、不思議と歯のぐらつきもなくなってきます。強く噛んでもしっかり力が入るようになります。黄ばんでいた歯も白くなり、歯の表面がツルツルピカピカになってきます。これはもう続けるしかありません!化学物質もありませんので安心して使用できます。先ずは少量から始めてみることを僕はお勧めしたいと思います。


手関節の整復と願い

「3日前に転倒した際に手をつき手首を痛めてしまい、子どもを抱っこしたときに再び痛みが強くなった」という20代女性が来院されました。右手関節に熱感と掌屈(手首を下に下げる)する際に激痛を訴えられます。『力を抜いてください』とお伝えして整復を行ないます。この患者さんの場合!3回の整復操作で完全に痛みと制限が消え去りました。やはり!力を完全に抜いて頂くことは難しいことから、3回の整復操作が必要になったものと思います。「あれ、痛くない!凄いっ」整復操作を行なって歪みを完全に正位の状態にすることですべて終了です。『翌日にまだ痛みがありましたらもう一度来院してください』とお伝えしました。翌日の来院はもちろん!ございません。

 

正に日本の医術である「整復術」「整復法」の伝統を守り伝えてこられた先人たちのみなさんに只管感謝です。僕は思います。本当の柔道整復術を広め、後世に伝えていければと。今は何か違う方向に向かってはいないかと!ご同業の方はもちろん!ほかの治療家のみなさんにもご賛同していただけると幸いです。「ありがとうございます」(感謝)

 

富山県砺波市 柴田接骨院 柴田佳一 拝、


ありがとうございます

中高年層における膝の痛みは、年齢を重ねることによる「退行性変性」であり、ちょっとした動作によって打撲や捻挫!骨折なども引き起こしてしまうことがあります。僕自身も学生時代には、柔道や相撲で鍛錬していたのですが、両膝を痛めてしまい、現在でも無理をすると痛みが出ることがあります。関節を冷やさないように!体温を上げる必要があるため「朝食にお粥」を頂いています。『温まっていいですよ~っ!』^^

 

最近!長期にわたる膝の痛みを抱えておられる患者さんが、ご紹介で来院されました。柴田接骨院では、先ず!お困りの痛みを取る去ることで、不安を排除し『ご自宅でも簡単に出来る痛みを取る方法』をお伝えし、初検を終えました。「今度は、いつ来たらよろしいですか?」と聞かれ『5日後に来院してください』とお答えし、先日再検日となりました。あの歩けないほどの激しい痛みが消え、普通に歩いての来院となっていて、本当に良かったです!『他にお困りの方がありましたら、この方法を是非!お伝えしてください』とお願い致しました。おひとりでも多く笑顔になって頂くことが僕たちの願いです。ありがとうございます!

 


肘の痛みを整復する

疼きを伴う肘の痛みと制限!これは非常につらいものです。所謂、野球肘やテニス肘(主婦肘)とも言います。この状態になりますと腕に力が入りませんし、物を持ち上げても激しい痛みと脱力感で落としてしまうこともあります。色んな治療法が存在しています。柴田接骨院では現在!脊椎を整復して痛みを消し去ります。今まで使えなかった腕が整復後に使えるようになります!整復法とは「歪」を「正」に戻すだけのものであって「正」に戻ると、痛みや制限が雲散霧消するのです。『患者さんの笑顔が一番です!ありがとうございます』^^


激しい筋肉痛を消し去る

先日からの大雪の中、お仕事に従事されている皆さまにこころから感謝を申し上げます。新聞や郵便をはじめ牛乳や食品などの配達をしてくださっている皆さま!本当にありがとうございます。(感謝)さて、今回お伝えするのは脚のふくらはぎの激しい痛みで普通に歩けない!といわれる患者さんがお昼休みに急患で来院されました。両腓腹筋の挫傷(肉離れ)と筋肉内に乳酸が過剰に蓄積した痛みと判断して治療を開始します。両脚を一気に整復して治療を終えました。『痛みはどうですか?』「はい!あれっ!?痛くない!魔法??」大変驚かれ、感謝されました。『こちらこそありがとうございます。良かったですね!』

 

脚の肉離れや強度の筋肉痛などは、歩行異常を起こします!「然し、整復操作を行なうだけで、その場で痛みを消し去ります。『何日も湿布を貼って様子を見ながら痛みが引くのを待つ』という考えは、お忘れください。歪体を正体に整復するだけで治療を終了します。患者さんの驚きと笑顔は柴田接骨院の宝物です!「明日もまたお仕事!頑張ってくださいね」^^

 

このブログが一考一助になればと存じます。

富山県 柴田接骨院 柴田佳一 拝、

 


整復法(歪体を正体に復す)

柔道整復術の整復法は確立されています。徒手整復によって歪体から正体へと復するこの技術は骨折や脱臼だけではなく様々な関節の痛みに大きく貢献する方法です。柴田接骨院では、整復法(歪体を正体に復する)にて即効させ笑顔になって頂くことを目的としています。


腰椎圧迫骨折から1年

去年の12月に雪吊り作業中に転落し尻もちをつき「腰椎圧迫骨折」のケガを負ってしまった僕なのでしたが、あれから1年!自分自身が強い痛みと朝の歩行困難など貴重な体験をしたと思います。自分で治療を行ない、どうすれば痛みがとれるのか?どうすれば動きやすくなるのか?モデルが自分自身であることはとても重要でした。春の草刈り作業などは、とてもつらいものでしたし、軽油のタンクを持ち運びすることや、お米の精米など重い物を持ったあとには痛みが出てとてもつらいものでした。暑い夏でも熱いタイプの湿布を貼り、外仕事をしていました。

 

あれから1年!痛みは寒い朝の日に、こわばりはありますが感じなくなっています。この体験は、患者さんのお気持ちと対処法!そして痛みの取り方をお伝えできる僕の自信となっています。


皸にワセリンですよ

先日、ひび割れにワセリンの話しをしましたが、本当に手足のひび割れや皸(あかぎれ)にお困りの方が非常に多いことに驚いています。コロナ禍の影響で手指の消毒によるものが一番考えられ、それはやはりアルコールによるものが圧倒的ではないでしょうか!その対策としてご自分に合ったもの、自分専用の手洗いグッズを手前で用意するのです。とにかくご自分に合うものを見つけてください。もちろん就寝前のワセリン塗布に手袋は忘れずにお願いします。^^


1 / 712345...最後 »