とれたてblog

TOP > とれたてblog

カイロの貼り方

そろそろ使い捨てカイロを活用して「冷えから守る」季節になりました。僕は患者さんに使い捨てカイロの利便性と重要性をお伝えしています。朝晩の冷え込みが感じられるようになりますと『立ちあがりと起きあがり』の動作時にこわばりからくる痛みが生じます。このような場合やギックリ腰(強い打撲や傷があり腫れのある場合は除く)には温熱療法が理にかなっていると僕は考えています。激しい痛みのギックリ腰には『整復法・三導療法・温熱療法・運動療法』にてその場で即効します!以前のような「安静第一・冷やす・で10日~14日寝ていれば、そのうち治る」方法はもう時代おくれと言っても過言ではないのです!

 

前置きが長くなりました。さてカイロの貼り方ですが、もちろん!直接お肌には貼らないで、肌着や2枚目くらいに貼りつけます。ご家族やパートナーの方に貼って頂きますと『早く良くなってね』という思いが伝わり回復が俄然早まります。おひとりの場合で貼ることが困難の場合は、肌着に直接カイロを貼りつけてから着用してください。もちろん『早く良くなるぞ』という思いで。シップは冷シップではなく温シップでお願いします。

 

このブログが福音となれば、一考一助になればと存じます。

富山県砺波市 柴田接骨院 柴田佳一 拝、


冷えに気をつけて

雄々しい崖を臨み武者震いをしたところです。来週からは気温が低くなる傾向があり、武者震いではなく、寒さに震えがきそうな感じです!何年も前から腰が痛くて、最近にまた腰を痛められた患者さん!夜中に何度もトイレに起きなくてはならず、その度に腰が痛くて立ち上がれないと悲痛な思いを打ち明けられます。大変な思いをされていましたので、すぐに脊椎を整復操作し、痛みを取り去りました。トイレが近いということは、おからだの冷えによることが多いと考えて朝から使い捨てカイロをお使いくださいとお伝えし、併せて銀杏療法をお勧めしました。これから益々!気温が低くなってまいります。くれぐれも冷えには十分に気をつけて頂き、シャワーだけで済ませず、ゆったりと入浴し、もしも可能であれば適量飲酒もお勧めしました。起床の前には、お布団のなかでゆっくりとおからだを動かしてから起き上がって頂くこともお伝えしました。2回目に来院の際は「とても良かったです」と笑顔で仰ってくださいました。「こちらこそ本当に良かったです!嬉しい気持ちにさせて頂き、ありがとうございます」^^

このブログが一考一助になればと存じます。柴田佳一 拝、


股関節痛の増加

最近!女性の股関節の痛みを訴える方が増えていると思います。いや、思うのではなく現実です!やはりストレスが一番の原因であると考えます。この世界規模で蔓延している頃奈は、新聞・テレビ・ラジオ・雑誌など休みのない情報システムによって脳内に入り込み、睡眠にまで影響を及ぼしています。睡眠が充分にとれないと日中に眠気が襲ってきます。椅子やソファーにもたれる状態(脊椎が歪む状態)で休んでいると、何故か大きく歪んでいた側の股関節に痛みが発生します。よくお聞きすると「テーブルに肘をつき、そこに顔をのせて寝ていました」とか「車の運転席で横を向いて寝てた」「テレビを見ながらソファーの肘掛を枕に寝てました」など共通点があります。股関節の痛みとしては『立ち座りに痛む・脚を上げるとき・外側に開けない』などで、医療機関で診察されると『股関節を見せないといけない・触られるのがイヤ』などが気にかかり受診に戸惑ってしまうことが多いようです。(当ブログではコロナを頃奈と表示します)

 

さて、柴田接骨院での治療は股関節に触れることなく、脊椎を整復する方法で一気に痛みを取り去り、そして治療を終了します。呆気にとられる患者さん!すぐに笑顔になり発する言葉も多くなられます。それが僕たちにとっても、とても嬉しい瞬間です!このブログが福音となれば、一考一助になればと存じます。富山県砺波市 柴田接骨院 柴田佳一 拝、


これは必需品ですよ~

最近は、ずいぶんと秋らしくなり気温もそれなりに低くなっています。やはり!腰や膝などにお悩みの方には「朝の関節の痛み」をお感じではないかと拝察いたします。屋外でのお仕事の際もやはり関節の痛みが「悩みの種」なのではと思います。こんなときには、写真にあるように『使い捨てカイロ』がとても重宝してくれます。腰や膝ばかりではなく、肩そして背中にお腹など何処にでも使いやすく、しかも安価です。たくさん購入しておきましょう!女性の下半身の冷えにも大変に役立ちます!これはもう秋から冬!そして春までの長きにわたり必需品となることでしょう。是非!お買い求めください。(僕からのおススメです!)^^/


座骨神経痛ですか!?

先日に「普通に歩けない!寝たら痛くて起き上がれないんです!ひとに『それ絶対に座骨神経痛だ』って言われて、これ座骨神経痛ですか!?」と50代男性。車から降りて、痛みの余り車に寄りかかっておられました。稲刈り後の作業の際に腰を痛められたのですが、左のお尻から太もも後面、そしてふくらはぎにまで痛みが表れています。早速、治療を始めます!先ずは左手首を整復します。これで左お尻の痛みと太もも、ふくらはぎの痛みが消え去ります。「え!あれ?」次にベッドにうつ伏せになって頂き、腰と梨状筋を整復して終了しました。もはや痛みもなく普通に歩ける状態です。呆気の状態になられた患者さん!『もう大丈夫です!痛みや不都合が出ましたら来院してください』とお伝えしました。

 

この症例は、農作業中に起きた「ギックリ腰」と「梨状筋の浮腫みにによる座骨神経痛」だと思われました。椎間板ヘルニアからくる座骨神経痛の痛みは業務範囲外ですが、梨状筋損傷によるものは柔道整復術の整復法で一気に解決を見ます。もちろん業務範囲外の痛みは専門医のご高診をお願いしています。このブログが福音となれば、一考一助になればと存じます。

 

富山県砺波市 柴田接骨院 柴田佳一 拝、


更年期症状に良い方法!

昨日に続いて「へバーデン結節に良い方法」をお伝えしたいと思います。何故へバーデン結節に『無調整豆乳』をおススメするのか!まずは豆乳のすばらしさから。抗酸化作用があり、老化防止・ガン予防・ダイエット効果・整腸作用(便秘)・美肌効果・髪にハリとツヤを与え女性の髪の薄さにも良い効果をもたらします。なかでも大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た構造をしており、代替ホルモンと呼ばれています。女性ホルモンが減少すると更年期の症状が出てきますが、それも軽減することが期待できるというすばらしい大豆イソフラボンをたくさん含んでいる無調整豆乳なのです。是非!始めてみませんか?

 

前回の『へバーデン結節』にお困りの60代女性は、毎日飲むようにして2カ月を経過された頃から、指のこわばりや痛みなどの減少が見られ、指の関節の腫れや変形が改善するに至りました。草むしりなども難なくできると感謝されましたが、懸命に続けられた結果ですね!とお伝えしました。僕が治療をしたのではなく『無調整豆乳』を摂取されただけです!このことをもう一度!改めてお伝えします。『へバーデン結節や変形性関節症!並びに更年期症状にお困りの方』には是非!『無調整豆乳』をお始めになることをおススメ致します。当院ではイチ押しの簡単対処法です!ご一緒しませんか?

 

このブログが福音となれば、一考一助になればと存じます。

富山県砺波市 柴田接骨院 柴田佳一 拝、


へバーデン結節に良い方法

50代くらいから、指を酷使(草むしり・縛るお仕事など)される女性に多く発生する指のこわばりや、痛み、そして指関節の変形は「変形性関節症」指の変形は「へバーデン結節」と呼ばれる厄介なもの。だと考えられています。しかしこれは、簡単な方法で解決させることができます!以前にぎっくり腰で来院された61歳女性のケースを紹介させて頂きます。ぎっくり腰の痛みは、その場で雲散霧消!大変に驚かれ、そして喜んで頂いたことは言うまでもありません。そのあとに両指を見せられ「実は何年も前から指がこわばって握れない!医療機関にずっと通っているんですけど全然良くならなくて、どうすればいいでしょうか?」と相談を受けました。両手の中指の変形が強く、あとの指も節々が腫れています。朝のこわばりが強く、冷たい水では到底食器も洗えないとのことです。

 

朝起きられましたら、熱い緑茶を厚目の茶碗に入れて、ゆっくりと握りしめて温めながら頂いてください。温水器であったかいお湯を使って洗ってください。あと一番大事なことは『無調整豆乳』を飲むことです。食事の前でもあとでも軽くコップに一杯頂くだけでよろしいです。すみませんが、長くなりましたので次回に続きます。拝、


肋骨不全骨折の痛み

「右の胸が痛くて起き上がれない」と言われる80代女性。『何かされましたか?』とお聞きしても「何もしていない」とのことです。『咳やクシャミはされましたか?』「それはありました」『あと何か運動はされましたか?』「両手を上げて腰を伸ばす運動をしました」『やはり!それが原因だと考えます』よく調べると右第7肋骨に激しい圧痛!介達痛!深呼吸時の激しい痛みがあり、起床時の痛みは、かなり強く感じられると思われます。早速!第7肋骨不全骨折を整復していきます。今回の場合はベッドに横に寝て頂いてから、右腕を上げた状態で徒手整復を行ないました!『起き上がってみてください』「あれ!痛くない!起きあがれる!え!不思議?」肋骨の痛みは、負傷した当日よりも3.4日目が一番痛みが強くなるものです。整復操作をしっかりと行なうことによって、あの激しい痛みは雲散霧消!深呼吸をしてもしっかりと肺いっぱいに吸い込めます。注意事項として、入浴はサッとシャワーで済ませて頂くこと。運動は2週間程度は控えて頂くこと。最も大切なことは痛むところを押さえて痛みがあるかないかを確かめないこと!からだを捻ったりマッサージなどはしないこと!このことをお伝えして治療を終えました。

 

高齢者の場合は、骨粗鬆症の為にちょっとした動作やクシャミなどによっても引き起こされることが多くありますので、そのことをご理解して頂くことが大切であると考えます。湿布を貼って様子を見るだけでは長引くだけである!と僕たちは考え、柔道整復術の整復法を後世に残す為にこれからもドンドンお伝えしていきたいと思っています!どうぞお大事に。


季節の変わり目

2・3日前からあの暑さは一体どこに行ってしまったのか?という位に気温が一気に下がり、長袖の方も見うけられる今日この頃です!長雨が18日位まで続くと予報されています。このような季節の変わり目には、頭重・頭痛をはじめ肩・腰・膝などに痛みのある方!なかでも肩関節周囲炎・腰椎圧迫骨折・変形性膝関節症・へバーデン結節などに長くお悩みの方!ようするに骨粗鬆症の方には体感温度の低下は、痛みが強く感じられるようになり、からだを動かす第一歩がお辛くなる頃であると拝察いたします。このような時期にはどうしたらいいのか!?柴田接骨院では先ず!『からだを先に動かすこと!立ち上がる前に膝を軽く曲げ伸ばしを行なうことや腰を前後、横に軽く動かしてから立ち上がること』『入浴やシャワーでからだを温めること』『温湿布や貼るカイロ、湯たんぽで痛む関節を温めること』『おやすみ前に適量の飲酒を今日一日に感謝して頂くこと』などを患者さんに合わせてお伝えをさせて頂いてます。これから秋そして冬を迎えます。僕たちは、みなさまが痛みを感じることを少しでも減少させること!雲散霧消していくことを第一に考えています!お役に立てれば幸いです。^^


「月」の話

この月が明日は見えないことになる新月です。月は我々のからだにとって、地球にとってなくてはならない存在です。肩、腰、肘、膝に内臓などの多くに「月」が入っています。干潮に満潮など海にも大きな影響を与えています。明日が新月なので、からだの調子や気力にも低調になり易くなります!幸い連休ですので、外出を控えて家でのんびりと過ごして、来週から元気に張り切っていきたいと思います。今日は昨日に引き続き「月」の話でした。^^


1 / 812345...最後 »