とれたてblog

TOP > とれたてblog

コーン収穫しました

 

朝の楽しみ!自家菜園に行くと茶髪になったコーン君が『おう!白髪から茶髪にしたぜ!似合ってるやろ』と僕を呼び止めます。『お前いつもたくさんごはんと水を持って来てくれてありがとな』と労いの言葉までかけてくれました。その言葉を聞いて今朝の収穫となりました。お鍋さんに水から茹でて約12分!火を止めて10分間そのままにしてから頂きました。もの凄く甘くてビックリコーン!最高の甘さに感謝です。「ごちそうさまでした」^^/


僕たちに出来ること

今朝の収穫した野菜(キュウリ・ナス・ピーマン)たちです。とても立派に育ってくれました。夏の定番である野菜たちは、この暑い時期の我々の体温を1℃低下させてくれる凄い野菜たちなんです。正に「美味しく頂いて医食同源・薬食同源」なのです。そして「お米」は、気を高める大切な宝物!気は「氣」!「米」を頂くことによって「氣」を高め、病にならぬからだを造り、強い「精神」を保ちます。医療の逼迫を懸念される今こそ頃奈に罹らぬ強いからだとこころを持ち医療の逼迫を防ぐことこそ、今の僕たちに出来ることではないかと考えます。医療従事者のみなさんに心から感謝し、そして旬の食材とお米をありがたく頂こうと僕は思います。

 


秋は柿が大事です

妻の実家にある柿の木を見上げると、しっかりと実っていました。去年も大きく育ってくれて美味しく頂きました。今年も大きくなりそうで楽しみにしています。「柿が赤くなると医者が青くなる」といわれるくらいに強力な効果を発揮します!ウイルスや細菌に対する抵抗力を強め、様々な病気や老化!肌のトラブルには強い味方です。二日酔いにも効果があり、脂肪の減退に貢献!正に僕にとっては大切な秋の味覚となりそうです。赤く実った柿を頂いて、医者を青くしましょう!?すみません!じゃあなく頃奈さんが近づかないからだを造ってまいりましょう。^^/


キュウリのよごし

妻の実家のお隣りさんから頂いた巨大キュウリ君とナスさんです。「いつもお世話になり、ありがとうございます」大きく立派に育ったキュウリ君!凄いです。大きなキュウリの料理は『あんかけ』が定番だと思います。我が家では恒例の『キュウリのよごし』を作ります!大きなキュウリですので4等分に切ってから、細かく輪切りにしていきます。フライパンに油をひいて、それを炒めていきます。水分が出てきましたら、お砂糖を適宜入れ、さらに炒めます!水分が少なくなりましたら、お味噌を入れて味を調えます。さて、これで完成ではなく!「よごし」ですので「夜越し」一晩寝かせて完成になります。作りたては味が馴染んでいませんので、必ず寝かせてください。朝に作って、昼食に夕食に頂くのも美味しいですよ。

合掌!「頂きま~す」^^/


初収穫です

今年の初収穫です。キュウリ君とズッキーニさんが『もう収穫してもいいよ』って言ってくれたので、そうさせて頂きました。みずみずしく育っていて、キュウリ君はお塩で、ズッキーニさんは炒めて頂こうと思っています。次から次へと大きく育ってくれますので楽しみです。夏野菜は体温を下げてくれる大いなる力を具えています。夏野菜をしっかりと頂き、良いお塩を摂り入れて『熱中症にならない丈夫なからだ』を造ってまいりましょう。「頂きま~す」^^/


ズッキーニさんの雌花

きのうのお昼にゲリラ雷雨があり、ビックリしました!僕だけではなく、七ちゃんもぶるぶる震えが止まりません。妻にず~っと抱っこしてもらってました。昨夜といい、そしてお昼休みといい、相当怖かったのだと思います。ゲリラ雷雨が去って外の菜園を見るとズッキーニさんが倒れているではありませんか!?というわけで、今朝から短めの竹の棒で支えをしてあげました。しかも何と!雌花さんがひとつ咲いてくれました。然しながら雄花君がまだの状態です。もしかしたら受粉できないかもしれません!?来院される患者さんに野菜づくりの先生がいらっしゃいます。3年前にズッキーニは人工的に授粉させないと上手く育たないんですよ。って教わってからは大変育ちも良く収穫できています。然し、雄花君がのんびりとしているので先に収穫しなければならないかもしれません。本当に色々と楽しい勉強が与えられます!大自然に感謝ですね。^^/


今度はブルーベリー

ご近所のガイアとなみさんにブルーベリーの旗が立っているのが無性に気になってしまい行ってきました!ガイアとなみさんのイチゴ「紅ほっぺ」が激甘で有名なのでブルーベリーはどうなのか?早速食べてみました。「これまたウマイ!」ひとつひとつ食べるよりもたくさん食べた方が甘くて美味しいのでスプーンで頂くのがおススメです。ヨーグルトをかけても美味しいと受付でお聞きしました。凍らせてからミキサーでも超美味い!

 

のうじくみあいほ~じん ガイアとなみさんのブルーベリーでした。1パック500円で販売されていま~す。「ごちそうさまでした」^^/


ズッキーニさん

我が家の菜園にしっかりと根を張るズッキーニさんです!お店で出会ったときは最後に残った1ポットで、水も充分ではなく乾燥しきっていて『あなたのところに行きたい』と僕に声をかけてくれたので、我が家に来てもらいました。植えたときは安堵感からか、萎びれた状態で3日ほど元気がなかったのですが、七ちゃんと菜園に出て「元気ですかっ!」と声をかけながら水をたっぷりとあげていたら元気を取り戻して大きくなってくれました。今年は目いっぱい完全無農薬!化学肥料無し!で張り切っているので野菜のみんなも張り切ってくれています。「ありがとう」^^/

 


緑茶でコロナ対策!

2021.02.01.拙ブログ(薬食同源)「お茶で強いからだをつくろう」で、コロナ対策としてお伝えしましたが、京都府立医科大学の研究によって、お茶の成分!カテキンがコロナウイルスを不活化させることを確認した。と、6月15日発表されました。これによって『緑茶』が大注目されることは、大変に喜ばしく思います。以下引用転載致します。

 

(引用転載開始)

緑茶などに含まれるカテキンが、試験管内で人の唾液に含まれる新型コロナウイルスの感染能力を低下させる不活化の効果があることを確認したと京都府立医科大学が15日発表した。発表によると、試験管に健康な人の唾液とコロナウイルスを入れた上でお茶を加えたところ、10秒ほどで不活化が確認された。ウイルスが細胞に侵入する際に結合するスパイクタンパクにカテキンが先に結び付くことで侵入を防いだという。

(引用転載終了)

僕は思います。日本文化である日本食!ごはんとお味噌汁にお漬物を美味しく頂いてお茶で一服。何と理にかなっていることか!?「お茶でひと息いれませんか?お漬物もありますよ」『緑茶勝菌』何てね!^^/


タマネギ君を保存しよう

美味しいタマネギ君!「たくさん採れたけど、どうやって保存するの?」と七ちゃんに聞かれたので、今回は『タマネギ君の保存方法』となりました。よろしくお願いします!先ずは「そのまま保存」①2つのタマネギ葉の下を縛り竿につるして、風通しの良い日陰で保存する。②ネットに入れて、風通しの良い日陰につるす。③新聞紙でひとつひとつやさしく包み、日陰で保存する。「処理して保存」①お好みのサイズに刻み、ジップロック保存袋に入れて冷凍する。②お好みのサイズに刻み、炒めてから熱を冷ましジップロック保存袋に入れて冷凍する。

 

タマネギ君は高温多湿の環境に弱く、気温が高くなりますと芽が出てきます。芽を出さず!腐敗させない為にも「風通しが良く、そして日陰で保存しましょう。もしも高温になってしまい芽が出てしまったら、ネギと同じく薬味としてラーメンやうどんにのせて、またお肉と一緒に炒めて、美味しく頂きましょう。僕はカレーやチャーハンにそして刻んでおみそと合わせて混ぜ込み、2.3日寝かせてアツアツのごはんにのせて頂くのが大好きで、今も楽しんでいます。僕の血液もサラサラとなっているのではないかと勝手に思って、七ちゃんと一緒にサラサラァ~ッと楽しく過ごしています。^^

 


1 / 2112345...1020...最後 »