とれたてblog

TOP > とれたてblog

学校の「当たり前」をやめた。

「ねえ!ちょっと見て!」と、妻。『何?』と聞くと「宿題は必要ない。クラス担任は廃止。中間・期末テストも廃止」だと言う!イヤイヤだけど仕方なく、決まりだからと流れに沿っていた学生時代。そんな僕には夢のような話である。『いやあ凄いねえ!』「これは東京の千代田区立麴町中学校で断行された前例のない改革とその成果の記録だ」と記事を読んでくれました。以下、先日の北日本新聞(13)より引用転載致します。

 

(転載開始)

       教育の目的考え直す 

      学校の「当り前」をやめた。工藤 勇一著

 タイトルを見て「一体何をやめたんだ?」とページをめくる。宿題を出さない、中間・期末試験を行わない、クラス担任制も廃止したというから驚く。本書は、東京都千代田区立麴町中学校で断行された前例のない改革とその成果の記録だ。

 

 宿題は無駄な作業と言い切る。学力は分からない問題を分かるようにしないと上がらない。宿題はできる子には簡単、できない子は解けないままにするから無意味だという。そして学校の授業で理解できるようにするのが基本だと強調する。

 

 中間・期末試験もやめた。一夜漬け勉強になりがちで、身に付かないのは経験から分かるだろう。代わりに単元が終わるごとにテストする。さらに範囲を決めない実力テストの回数も増やす。生徒たちは前より勉強するようになった。

 

 クラスの担任は、一人の固定担任制をやめ、学年の全教員で全生徒を見る全員担任制に。チームとして責任を持つため、毎週会議を開いて情報を共有するようになり、コミニュケーションが劇的に良くなったそうだ。

 

 ふと疑問が湧く。なぜこんなことができるのか。学校の運営は法律などで決められているのではないのか。実は自由裁量の余地がありながら、慣例だったり現状維持が楽だったりして脈々と続いてきたにすぎない、と著者は説明する。

 

手段が目的化していないか。教育の目的に立ち返り、それにふさわしい手段を考え直せ。当り前を疑い、どうすべきか考えろー。この主張こそが本書の眼目だ。故に本書は、教育に限らない、すべての人にとって重要なメッセージとなる。

 

 著者はどんな教師だったのだろう。最終章に体験談が書かれているが、荒れ果てた「教育困難校」で生徒を前に何が大事で何が許されないかを伝える言葉など、学園ドラマのようで読み応え十分。

 

 「世の中ってまんざらでもない。大人って結構すてきだ」と思えるような学校にしたいという著者の理想に共感する。(三澤克彦・時事通信社文化特信部長)

(転載終了)

今までを一気に改革する行動力!前例が無いとか、慣例で現状維持の楽さから続く「学校」のあり方ばかりではなくどこにでもある現在の状況に一石を投じるものと僕自身も著者に共感!そして強感する次第です。時事通信社・1944円のこの一冊。必読です!

 

上の写真は、ふと見上げたときの雲が、まるで少女が空を飛んでいるように見えたもので思わずパチリ!と撮った一枚です。子どもたちがドンドンどんどん羽ばたいて行けるように・・・。

 


夜間頻尿に効きました!

夜間頻尿にお困りだった方から喜びの声が届きました。「夜間頻尿に効きましたあ」と。80代女性、夜間に5回トイレに起きていたそうで、ギンナン10個を寝る前に摂られました。「摂ったその日に5回から2回になったので嬉しくて」と。もう少し続けて行なうようにお伝えしました。健康雑誌「安心」にて紹介させて頂いた通り、ギンナンは頻尿に即効性があります。

 

行なってみて、よろしければ他にお困りの方にお伝え願います。マキノ出版「安心」全ての記事がきっかけとなり、たくさんの方々が笑顔になって頂きたい。と僭越ながら思っています。

 

お電話ありがとうございました。そしてマキノ出版安心のお世話になりました関係者の皆さんに心から感謝申し上げます。「ありがとうございました」

 

富山県砺波市 柴田接骨院 柴田佳一 礼拝、


香薬師像の右手

 

先日、文苑堂本店で見つけた一冊です。最近はゆっくりと読書する時間もなかったように思います。パソコンの活字よりは、本の活字だと思っていながら、久しぶりの一冊なのです。眠る七ちゃんを横に、お茶かコーヒーを入れてゆっくりと頁をめくってみたいと思います。素敵な出会いの一冊に感謝です・・・・・。


なつかしい本発見!

今から14年前!2002年に購入した「東洋医学の本」学研です。心と身体に効く奇跡の療法を探る―という僕的に言うと凄い一冊です。

 

今のところ!西洋医学がピラミッドの頂点にあり、他のものは以下であるという思い込みが強いと思います!それは否定しません。然し!やっぱり東洋人には、東洋医学・日本医学が一番合っているような気がしてなりません。

 

僕たちは、日本食(和食)が一番の食事だと思っています。それによって、健康に生き生きと生活ができると信じています。そんな事を強く思わせてくれるこの一冊!本屋さんで目的の本を探し出す事の楽しさも、また格別なものです。

 

時間をつくって!また本屋さんに行こうと思います。

今の僕に必要な一冊と出会えるような気がして・・・。


柔道部物語 2

 

左は、小林まこと先生の「柔道部物語」主人公、三五十五の片手背負い投げです。手首の引きつけと!回転のスピードがあって初めて成功する完成形なのですが『漫画の世界』だと正直思っていました。僕自身!自分では片手背負いは挑戦しませんでした。

 

だけど!『漫画の世界』真剣に挑戦!というか挑んだ天才柔道家がいました。五輪三連覇の野村忠宏氏です。天才が行なうのですから、そしてオリンピックでソレを実践して逆転勝利するのですから平凡な僕の目から見てとんでもないことでした。その技が右の写真です。

 

『漫画の世界』から飛び出した!のではなく『漫画の世界』と並行して「古賀投げ」=「三五投げ」=「野村投げ」が、オリンピックで飛び出したのです。年度は違えど、古賀稔彦氏のオリンピック金メダル!野村忠宏氏の三連覇!を目にした時!正座から立ち上がり、万歳ではなく!両手を天に突き上げたのを今でも僕は忘れません。

 

『柔道部物語』の中に!このようなドラマがあったなんて・・・。

 

漫画にこんなにも大きな力というか、人のこころを動かすパワーがあったとは思いもしませんでした。『柔道部物語』ありがとうございます。小林まこと先生!はとてつもなく凄いです。

 

柴田佳一 拝、


柔道部物語

 

僕が柔道を始めたのは中学からでした。竹脇無我の姿三四郎や桜木健一の柔道一直線の影響は、大きな役割を果たすものでした。柔道における関心は、大いに高まったと思います。然し!投げ技においては「空気投げ」のように数メートルも投げ飛ばされる映像や足の指でピアノを演奏するなど!あり得ないものを見るにつけ、すんなりと受け止めていたのは、まだその頃!頭の中やこころが澄んでいた証なのかもしれません。

 

高校でも柔道部に在籍し、ひたすら強くなりたいという思いは僭越ながら持っていました。卒業してしばらくしてから小林まこと先生の柔道部物語に出会い!その画像の躍動感!スピード感!柔道部そのままの姿を自分自身の柔道部に置き換え!主人公「三五十五」は自分自身で「名古屋」はあいつで!と勝手に思い込んで楽しんでいたものです。だけど「名古屋」の存在は逆に大きかったです!^^

 

富山県人の僕は、柔道部物語の中で「大杉高校」おそらく「小杉高校」の名前が出ていたのも何故か不思議と嬉しかったものです。大杉高校の赤木だったかな?モデルは誰だろう?とか。^^

 

この親しみやすい柔道部物語は、オリンピック金メダリストの古賀稔彦氏や三連覇の野村忠宏氏にも大きな影響を与えたのだそうです。古賀稔彦氏の背負い投げは正に確実に一本を取る技であり、背負い投げなのですが!『古賀投げ』と呼ばれる古賀氏独特の背負い投げを確立し、三五十五の襟だけでの『三五投げ』から野村忠宏氏がその独特の背負い投げを受け継ぎ!確立させたのです。

 

漫画である「柔道部物語」は、子供たちから選手!経験者から指導者にまで多大な影響を与えた「きっかけを掴む」書であると僕は思います。「柔道部物語」は、読めば強くなる柔道漫画です。すり切れるほど読まれ続け、数多くのすばらしいひと!や選手をこれからも輩出してくれることでしょう。

 

「小林まこと先生!柔道部物語!ありがとうございます」次に予定の女子柔道部物語も今から楽しみにしています。^^

 

柴田佳一 拝、


本屋さんに行こう!

今日は午後から久しぶりに本屋さんに行こう!とばかりに高岡市にある文苑堂本店さんに行ってきました。久しぶりの今回!どんな良書が僕たちを待っているか楽しみにやって来ました。

 

週刊誌やスポーツ誌!婦人ものに健康雑誌のコーナーは、いつもながらいっぱいです。僕のコーナーにはこのように誰もいません。少しさみしく見ていると2.3人のお仲間がやって来られました。^^

 

グルテンフリーの本や興味を持っている本が多数あり、結構楽しめました。今回!出会った良書の一冊は、またまた近藤誠先生の渾身の一冊です。いつも先生のお考えに僭越ながら同感させて頂いてます。やっぱり!少しでも時間をつくって「本屋さんに行こう!」と思ってしまいます。

 

必ず今!必要な良書が待っています。

また行きたいです。^^


本屋さんに行こう!

今日は日曜日だったので、午前中は妻と畑作業をして汗を流し!午後3時までひたすら頑張りました。あとは久しぶりに「本屋さんに行こう」と意見が一致し、高岡市の文苑堂本店に行ってきました。

 

ここは喫茶とドーナツ店があるので2倍楽しめます。お時間があるときは本屋さんに行きませんか!?良書が貴方を待っています!

文苑堂さんありがとう。2冊購入しました!^^

 

今度は7時の開店から行ってみようかな~!

何て思ってます。(無理)^^


お出迎え!

友人宅へお裾分けを届けにぶらりと立ち寄ったところ、熱烈歓迎の旗を振るが如く!尻尾を振って出迎えてくれた友人の愛犬ミクちゃんです。

 

天気も良く気温も上がっているので日向ぼっこにはもってこいの陽気な日です。ミクちゃんも朝ごはんを完食、どうだ!と言わんばかりです。

 

この陽気なので、雪吊りを外してごみを焼こうかな!とか、妻の実家にお裾分けを持っていこうかな!とか本屋さんに行って「サラバ」の下巻を買ってこようかな!とか思っています。^^

 

やっぱり!やりたい事を全部してから本屋さんに行こうと思います。何か!?良書が僕を待っているような気がして・・・。

 

文苑堂本店に行ってきま~す。さて、今回はどんな良書が僕たちを出迎えてくれるだろうか!?今から楽しみです。^^


読書のすすめ!12

この本は元日に求めた一冊です。ぶらり途中に入店し!手にした注目の近藤誠先生の著書なのです。^^

 

「まだ医者を信じてるあなたへ」と突拍子もない文字書きが並び!何とその本の名は『無駄で危険な医療+治療45』である。トンデモ本だと思われる方も多いとは僕自身も思います!だけれども医師であるが為に!いや、医師である前に!ひととして伝えなければ。という医療界のタブーに臨まれている姿勢を僕は高く評価しています。

 

異端医師の独り言のリー先生のブログで医療界を一刀両断!目から鱗の情報発信でたくさんの方が思い込みを外せたのではないかと思います。リー先生がお亡くなりになられたあとに近藤誠先生の著作本を見て、タイプは違えど何か同じスタイルを感じています。

 

何が本当で何が正しいか!は、僕は自分で調べることだと思っています。一度!思い込みを外して調べてみると新しい発見がたくさんあらわれてビックリ!となるは必定だと思います。

 

そこからまずは始めませんか!僕たちはもう始めています。「もしも時間があれば!図書館や本屋さんに行きませんか!」目から鱗が落ちる良書があなたを待っています。


1 / 3123