とれたてblog

TOP > とれたてblog

お腹の調子を整える方法!

先日、患者さんが「最近!お腹が痛くて心配なんです。お医者さんに行こうか迷っているんです。新型コロナで学校がお休みで、孫たちも家にいるしどうしたらいいのか?」と。『分かりました。それではチョット両膝の上の部分を刺激します。1・2・3!如何ですか?』「・・・!?あれっ!痛くない!?」上の写真をご覧ください。黄色の点が示されています。椅子に座ってもらい!両膝内側やや上の部分に親指を当て、掴むように刺激を加えます。1・2・3くらいでよろしいかと思います。これで安心感を与えることができます。そのうえで、専門医への受診をお勧めしています。

 

先の患者さんの場合は、痛みも治まりましたので受診はされていませんが「ストレス」が大きく関与していたようです。お昼ごはんは何を作ろう!?子どもたちは何しているんだろう!?新型コロナウイルスは人類に多大なストレスを作り出しています。『新型コロナなんかに負けないぞ!って大きな声で言ってやりましょう』^^/


三導療法で検索してください。

「孫が成長痛とかで痛がっているんです」と、ご相談がありました。痛がっておられる部分はどこですか?とお聞きすると「足首!?というかアキレス腱かな」小学新6年生の男の子とお聞きしましたので、三導療法をお伝えしました。行なった瞬間に即効しますので喜ばれると思います。『三導療法・アキレス腱の痛みを取る方法!』で検索してください。『シンスプリント・オスグッド』もお伝えしていますので、お困りの方は検索してご覧ください。お役に立てれば幸いです。

 

柴田接骨院 柴田佳一 拝、


ぎっくり腰体験記

私事なのですが、実は日曜日の雪吊り作業中に腰を痛めました!激しい痛みに本当なら困るところですが、嬉しくなるのは仕事に直結するからなのか、そこは本当に困ったものです!いや、困ったです。(笑)雪吊りの最終段階!吊り下ろした縄を枝に縛るために、休憩用のパイプ椅子に乗って縛っていたところ、僕の体重があまりにも軽いため!?椅子の脚が「グッ」と土の中へと埋もれた瞬間!体重があまりにも軽い僕は土に身を打ちつけたのでありました。その際にぎっくり腰!!

 

落ちた瞬間!にしたことは、スクッと立ち上がり誰か見ていないか周りを確認!居ないことを確認してから腰に手を当て独り腰を擦るのでした。さて、激しい痛みは直ぐに三導療法で取っていきます。今回は両耳の上指二本分のポイントを直圧しながらからだを動かします!これだけで直ぐに痛みは雲散霧消します。

 

雪吊り作業の残りを終えてから、先ずは痛めた腰を温めます。こんなときは入浴がお勧めです!ゆっくりと入浴してからだが赤くなるくらいがベストです。そのあとは温湿布を貼り、寒いこの時期には温湿布の上に使い捨てカイロを貼りつけます。この場合!低温火傷に注意してください。夏の時期は普通の湿布でよろしいのですが、冬の寒い時期にはとにかく温めます。腫れなど皮下出血や出血のある場合は除きます。(注)これは柴田接骨院での即効療法です。

 

僕のぎっくり腰体験と即効療法をお伝えしました。参考になれば幸いです。「冷やさないでくださいね~」^^/


再度!ばね指

大あくびをしている七ちゃんを見て「アゴが外れるぞ」とびっくりされる方もあるかと思います。先日!同じようにびっくりされた方がおられましたのでお伝えしたいと思います。50歳(男性)肘関節をお怪我されて来院されました。独自の三導療法とごしんじょう療法で激しい痛みを取り去ります。これだけでも驚かれますが、対話のなかで「もう20年来のばね指に困ってます」と。

 

これはもう拙ブログカテゴリー三導療法!でお伝えしてあります通り、簡単な操作で良くなります。引っかかっていた関節と痛みがその場でなくなります。これはかなりびっくりされたようでした。「ご自分でいつでもできますので行なってください!そしてお困りの方がありましたら是非!お伝えしてください」あと!かわいい乳幼児のばね指もお伝えしてありますので、必要に応じて行なってみてください。「ママさん!大丈夫ですよ」^^

 

以前にお伝えしてありましたので、今回は省略させて頂きました。すみません!よろしくお願い致します。

 

柴田佳一 拝、


三導療法(大腿部のピリピリ感)

先日「脚がピリピリするんです」と、脚の付け根から大腿部への軽い電撃痛を訴えられる患者さんが来院されました。しばらく様子を見ておられましたが一向に良くならず!大変お困りのご様子です。実はこれ!胸壁を刺激するだけで雲散霧消するのです!「今までの我慢は何だったのか!?」それでは『大腿部のピリピリ感(軽度の電撃痛)を取り去る三導療法』をお伝えしたいと思います。

 

先ず!ピリピリ感の度合いを確認します。その側の胸壁(肋骨の下の部分)写真の赤い点で示されている場所をおもむろにつまみます。つまんでは放すを1・2・3程度繰り返して終了です。さあ!脚のピリピリ感は如何でしょう?雲散霧消していたらOKです。もう少し残っているようであれば繰り返し行なってください。

 

この方法は僕が20代の夏の頃、横腹を蚊に刺された時に偶然見つけたもので、痒くて横腹を必死になって掻いていたら、大腿部が「ビリビリ」と反応しているのです!掻くのを止めると「ビリビリ」は止まり、掻くとまた大腿部の神経が「ビリビリ」するのです。

 

逆に胸壁にピリピリ感がある場合は大腿部に同様の刺激を加えます。不思議と同じく雲散霧消してくれます。是非!お困りの方は行なってみてください。行なってみてよろしければ、他にお困りの方にお伝え願います。良い情報や方法があれば決して独り占めにせず!ドンドン発信!お伝えして皆さんと共有する。これが僕たちの信念です。

 

このブログが一考一助、福音になればと存じます。

柴田佳一 拝、


再々!長引く腰の痛み

何年も前から腰の痛みを訴えられる50代男性が来院されました。もちろん!多くの医療機関に通院され治療を受けられましたが改善はみられません。4日前!椅子に長時間座っていて、立ち上がった瞬間に痛みが走り、我慢していたところ奥様に促されて、来院となりました。痛められた原因は4日前の一因がありましたので、何年もお困りだった原因を探ります。三導療法を行なう前に背骨に痛みが有るか順次、押圧しながらみていきます。やはり!思った通り胸椎中下部に強い痛みが現れています。「これは長期にわたるストレスが原因ですね」とお伝えしました。長期の通院にもかかわらず改善しない痛みがストレスの原因と考え治療に入ります。

 

頭頂部(百会)にやや強めの刺激を加えます。1・2・3。これで背骨の痛みの有無を調べます。『もう少し痛いです』の返答に2度目を間髪入れずに行ないます!1・2・3。「如何ですか?まだ痛みがありますか?」の問いに『す~っと抜けたような気がします』その後、もう一カ所の療法点を刺激して治療を終えました。

 

あとはご自分でできる三導療法をいくつかお伝えして、笑顔になって頂きました。前後左右!色んな動きでも痛みはありません。「周りでお困りの方がありましたら、お伝え願います」と、お伝えしました。

 

何年経とうが我慢しなくても良いのです。柴田接骨院では、先にもお伝えした通り、自分でできる良い方法を分かり易くお伝えしています。また、難治性疾患にお悩みの方には『ごしんじょう療法』にて対応しています!そして僅かでも医療費の削減になればと考えています。

 

このブログが一考一助、福音になればと存じます。

柴田接骨院 柴田佳一 拝、


足指の痛み

4日前に足指をぶつけて第4指が赤青になっていて、強い痛みがあります。歩いても痛くて来院されました。不全骨折を疑います!然し柴田接骨院では、独自の三導療法を行なって、あのイヤな痛みを消し去ってしまいます。痛みが出現したら、またご自分で行なって痛みを取ってください。と、お伝えして終了しました。お困りの方は是非!柴田接骨院の三導療法を行なってみてください。

 

このブログが一考一助、福音になればと存じます。

柴田接骨院 柴田佳一 拝、


長き痛みに三導療法!

6年間という長きにわたって腰の痛みにお悩みの方が来院されました。友人の方の紹介とお聞きしました。ご紹介ありがとうございます。6年も痛みにお悩みだったことから、それが過大なストレスとなっているのではないか!?柴田接骨院では「こころの裏側」背中を(背骨の部分)直圧することで、それを確認します。やはり!背骨に強い痛みが現れています。頭頂部(百会)にやや強めの刺激を加える方法(三導療法)を行ない背骨の痛みを確認します。もちろん!1回で雲散霧消!腰の痛みも軽減しました。

 

なかなか取れない痛みにお困りの方は、上記のように頭頂部(百会)にやや強めの刺激を加えてみてください。きっと笑顔になって頂ける!僕はそう思います。「1・2・3やや強めの刺激ですよぉ~」^^

 

柴田接骨院 柴田佳一 拝、


何度でもお伝えします

今回は、再々再度!何度もお伝えする「ぎっくり腰」についてです!よろしくお願い致します。『すみません!ぎっくり腰になっちゃって』と右側に偏った姿勢で来院された60代男性!お盆休みに入っては大変だということで、すぐに来院され治療に当たりました。軽いものを離れた所から持ち上げた瞬間に電撃痛!おっしゃる通りのぎっくり腰でした。整復操作を行い、運動(立ち座り、横に捻る、前後屈)を行なうように指導し、痛みを確認します。

 

痛みは雲散霧消!どんなに動いても先の痛みはありません!「あれ!?痛くない!大丈夫です」大変喜んでくださいました。「今まででしたら安静、安静、冷湿布、入浴禁止、飲酒なんてもってのほか」それなのに『ゆっくりと入浴して、可能であれば飲酒も勧めているなんて!?』僕たちは以前から『血流の促進を図って運動療法を行なう方法!』これが即効性の極めて高い治療法であると考えているのです。

 

先日のブログでもお伝えしましたが、ストレス腰痛の解消法も併せて行なって頂くと、長引いていた痛みもすぐに解消し、笑顔になって頂けると確信しています。このブログが一考一助となればと存じます。

 

柴田佳一 拝、


からだからのサイン

最近!ストレス腰痛が多く、僭越ながら三導療法がお役に立っています。来院された時は原因がハッキリとしているのですが、その前から腰の痛みがあり、ひとによっては3年前からであるとか、10年前からです!と、言われます。柴田接骨院では首から背中の背骨(頸椎から胸椎)を触診します。ストレスが原因の場合は、ほとんどが胸の後ろの背骨(やや中央の胸椎)に強い痛みが出現します。この痛みを消失せしめれば、長引く痛みが一気に消失、もしくは大幅に軽減します。

 

長引く痛みにお困りの方は、諦めずに是非!行なってみてください。腰やほかの痛みをまずは確認してください。立ったり座ったり、横に捻ったりして痛みを確認してから、頭頂部(百会)に人差し指か中指の爪を立てるようにやや強めの刺激を加えてください。只、それだけを行なってください。

 

さあ!如何でしょうか!?ストレスの本当の原因は、ご本人にしか分かりません。しかし、少しでも痛みが楽になれば、わずかでも原因を中和させることができるのではないか!僕たちはそう考えています。

 

上の写真は「波状雲」です。この雲が現れると!その後か翌日に雨になるという天からのサインです。背骨(胸椎)の痛みは『ストレスが溜まっているぞ』という天からの、いや!からだからのサインなのかもしれませんね。

 


1 / 1812345...10...最後 »