とれたてblog

TOP > とれたてblog

何度でもお伝えします

今回は、再々再度!何度もお伝えする「ぎっくり腰」についてです!よろしくお願い致します。『すみません!ぎっくり腰になっちゃって』と右側に偏った姿勢で来院された60代男性!お盆休みに入っては大変だということで、すぐに来院され治療に当たりました。軽いものを離れた所から持ち上げた瞬間に電撃痛!おっしゃる通りのぎっくり腰でした。整復操作を行い、運動(立ち座り、横に捻る、前後屈)を行なうように指導し、痛みを確認します。

 

痛みは雲散霧消!どんなに動いても先の痛みはありません!「あれ!?痛くない!大丈夫です」大変喜んでくださいました。「今まででしたら安静、安静、冷湿布、入浴禁止、飲酒なんてもってのほか」それなのに『ゆっくりと入浴して、可能であれば飲酒も勧めているなんて!?』僕たちは以前から『血流の促進を図って運動療法を行なう方法!』これが即効性の極めて高い治療法であると考えているのです。

 

先日のブログでもお伝えしましたが、ストレス腰痛の解消法も併せて行なって頂くと、長引いていた痛みもすぐに解消し、笑顔になって頂けると確信しています。このブログが一考一助となればと存じます。

 

柴田佳一 拝、


からだからのサイン

最近!ストレス腰痛が多く、僭越ながら三導療法がお役に立っています。来院された時は原因がハッキリとしているのですが、その前から腰の痛みがあり、ひとによっては3年前からであるとか、10年前からです!と、言われます。柴田接骨院では首から背中の背骨(頸椎から胸椎)を触診します。ストレスが原因の場合は、ほとんどが胸の後ろの背骨(やや中央の胸椎)に強い痛みが出現します。この痛みを消失せしめれば、長引く痛みが一気に消失、もしくは大幅に軽減します。

 

長引く痛みにお困りの方は、諦めずに是非!行なってみてください。腰やほかの痛みをまずは確認してください。立ったり座ったり、横に捻ったりして痛みを確認してから、頭頂部(百会)に人差し指か中指の爪を立てるようにやや強めの刺激を加えてください。只、それだけを行なってください。

 

さあ!如何でしょうか!?ストレスの本当の原因は、ご本人にしか分かりません。しかし、少しでも痛みが楽になれば、わずかでも原因を中和させることができるのではないか!僕たちはそう考えています。

 

上の写真は「波状雲」です。この雲が現れると!その後か翌日に雨になるという天からのサインです。背骨(胸椎)の痛みは『ストレスが溜まっているぞ』という天からの、いや!からだからのサインなのかもしれませんね。

 


水虫にお困りの方へ

先日「水虫」について、少しお伝えしましたが、その対処法をもう一度!お伝えしたいと思います。古来より日本では家など建物の中に入る時は桶に水を入れ、汚れをキレイに洗い落とし、丁寧に拭きあげてから上がったものです。実はここに素晴らしいヒントが隠されていたのです。さて、本題に入りましょう!よろしくお願いします。

 

これは、お風呂で行なう方法です。実に当たり前のことをするだけなので簡単!そして早く効果が現れます。先ずはゆっくりとお風呂に入ります。充分にからだが温まり、皮膚が赤くなりましたら、普通にからだを洗ってください。一番最後に足を丁寧に石鹸で洗いますが、軽石にたっぷりの泡をつけてやさしく擦りましょう。次に同じくたっぷりの泡で足の指と指間の股をしっかりと洗って汚れを流しきりましょう。

 

手はしっかりと洗っています!足もそれ以上にキレイに洗うことにより「水虫」は解消されます。足の爪もしっかりと切り揃えることもつけ加えておきます。踵がカサカサになっている場合は『白色ワセリン』を塗布することをお勧めします。

 

足を手以上にキレイに洗って、指とその股をしっかりと洗い、やさしく刺激を加えるだけです。驚くほど早くキレイになりますので是非!行なってみてください。

 

このブログが一考一助となればと存じます。

柴田佳一 拝、


耳鳴りにお困りの方へ

最近!「耳鳴りが治らないんです」と言われる患者さんが増えています。『電波や電磁波などの中で生活している訳ですから仕方がない』そして『何よりストレス社会である』ことは否定できません。柴田接骨院では、そういったこともすべて理解した上で、僕たちが行なっている方法をお伝えし、笑顔を取り戻して頂きたいと考えます。

 

それでは始めます!先ずは両手を合わせて擦ります。よく擦り合わせ、両方の手の平がジンジンしてくるまで行ないましょう。ジンジンしてきたら、頭頂部の百会を指でやや強めに刺激を加えてください。1・2・3でよろしいです。終わりましたら今度はジンジンしている両方の手の平に水をつけて伸ばし両耳に当て、空気を出来るだけ抜くようにしてください。耳の奥まで真空状態にしたら、一気に両手を耳から引き離します。「ポン」と抜けましたら終了です。成功しない場合は「ポン」と抜けるまで再度行ってください。

 

どうでしょうか?1回で耳鳴りが消え去って喜ばれた例もたくさんあります。数回行なって改善している例もあり、人によっては様々なのですが結果としては良好な方法であると思っています。先日もステロイドを処方されている方が1回で改善され、大変喜んでくださいました。

 

このブログが一考一助となればと存じます。

柴田佳一 拝、


三導療法からの提案 2

前回は、三導療法からの提案!をお伝えしました。毎回行なうことによって習慣となり、いつのまにか不調だったところが回復している!と気づくのです。鎖骨の下の刺激もセットで行えば効果も早く出てくれることでしょう。是非!行なって皆で健康に笑顔で暮らしましょう。

 

日本では明治の初めまで、旅館や家に入る前!桶に水を入れ、足をきれいに洗っていました。汚れを落とし足元から身を清めていたのです。これは日本人の美徳であると同時に健康の秘訣だったのです。

 

たとえば、皆さんお困りの「水虫」がありますが、これは入浴の際に石鹸で足の指や股、足全体をキレイに洗っていれば防ぐことができるのです。今現在、お困りの方は是非!行なってみてください。効果は早くにお感じになれると思います。

 

このブログが一考一助となればと存じます。

柴田佳一 拝、


三導療法からの提案

今日の富山県は快晴にて、とても清々しい一日の始まりです。今回は、氣の流れを清々しいまでにする方法をお伝えしたいと思います。とても簡単に行なえますので是非!行なってみてください。この方法は入浴中に行なう方法です。行なって、からだの不調も雲散霧消するのをご自身で体験してみてください。

 

先ずは頭を洗います!ゴシゴシする洗髪器を使って頭頂部の百会から洗いながら刺激を加えます。気持ちの良い強さでよろしいかと思います。あとは普通にからだを洗っていきます!手を洗う際には指の股をしっかりと洗い、刺激を加えてください。最後に足をしっかりと洗います。そして、手と同様に指の股をしっかりと洗い、刺激を加えます。ふやけて皮膚が柔らかくなっていますので、やさしく気持ちの良い刺激でお願いします。

 

只、それだけなのです!これで氣の流れがキレイにそして今日の空のように清々しくなるのです。なかなか良くならなかった処も、とても良い変化をもたらしてくれると思います。しっかりと継続して行なってみましょう。

 

このブログが一考一助となればと存じます。

柴田佳一 拝、


長引く痛みを取る方法!

腰の痛みや肩の痛み、膝の痛みに頭痛など、なかなか引かない痛みにからだの不調!このような長引く痛みや不調に良い方法を今回!お伝えしたいと思います。鎖骨の下に赤い点が示されています。これは左の鎖骨ですが左右同じですのでよろしくお願いします。長引く痛みや不調のある方の鎖骨下を順次押さえていきますと必ず強い痛みがあります!その部分をやや強めに刺激を加えてください。1・2・3でよろしいと思います。いかがでしょう!?痛みや不調が消え去っていますか?もしくは軽減していますか?

 

日頃より、入浴の際に鎖骨の下を石鹸をつけて指を滑らせ、刺激を加えることをお勧めします。鎖骨の下には多くの氣の流れる経絡が集まっている重要なところなのです。やさしく行うだけで氣の流れが美しく変化します。

 

一考一助となればと存じます。

柴田佳一 拝、


長引く痛みが原因かも

数カ月を経過しても軽快しない痛み!即ち、その長引く痛みがストレスとなり、軽快を妨げているとしたらどうでしょう!?最近、来院される交通事故による長期の痛みを訴えられる患者さんのなかで、1ヵ月から7ヵ月も痛みが軽快をせず、お仕事においても集中力に影響を及ぼしてしまい、周りの理解も得られない状況から『うつ』に近い症状を呈しておられる場合もありました。

 

医療機関に通院しているにもかかわらず、痛みが軽減しない『過大なるストレス』。要するにその『長引く痛みが原因』になっていると僕たちは考えています。以前から拙ブログでお伝えしている通り、ストレスの有無や強弱は「背骨に現れる」のです。丁度「心の裏側」に痛みが現れます。

 

背骨を押すと痛みが強く感ずる方は、ストレスが強く痛みはストレスに比例しています。これを軽減し、いち早く痛みを軽減させたいと僕たちは思います。そうでなければ心が疲弊してしまいます。

 

さあ!それでは始めましょう。長期にわたって痛みにお困りの方は、パートナーの方に首の後ろから背中の背骨を押してもらってください。そして痛みの強く感じた処を覚えておいてください。

 

次に頭頂部(百会)を刺激します。中指の爪を立ててやや強めに刺激を加えてください。頭頂部の髪を束ねるようにして引きあげても効果は充分です。両方1・2・3でよろしいかと思います。只、それだけで長引いていた痛みが雲散霧消、もしくは軽減していれば全快はすぐそこにあります。

 

柴田接骨院では1・2・3の「三導療法」で痛みを取り去り「ごしんじょう療法」にて回復を図ります。交通事故などによる長引く痛みにも対応しています。このブログが一考一助、お役に立てれば幸いです。

 

柴田佳一 拝、

 


ばね指(弾撥指)は温めて!

「ばね指が痛くてつらい」「怖くて伸ばせない」「何とかしてぇ~」写真の赤い点に小さな膨隆が触れると思います。その膨隆が、ばね指を引き起こしているのです。(該当する指の赤い点)軽快させるには先ず!温めてください。洗面器にお湯の温度をやや熱めに設定して手を浸し、指がふやけるまで入れてください。何回か繰り返しいると曲げやすく、伸ばせるようになってきます。出来れば、冷たい水は使わずに温水を使いましょう。

 

湿布は温湿布を使います!適当な大きさに切った湿布に赤い点くらいのアルミホイルを切って貼り付け、患部に直接!貼ってください!それだけです。決して冷やさないようにしてください。もちろん!洗面器ではなく入浴後に貼ってもよろしいです。柴田接骨院ではこのように、ご自分で行なって頂いています。固定はしていないことも付け加えておきます。

 

過去にもお伝えしていますので参考にしてください。カテゴリー三導療法

2015.03.14.ばね指(弾撥指)

2019.02.03.ばね指(弾撥指)

2019.02.04.ばね指に良い方法


ぎっくり腰に三導療法!

昨日は日曜日で色んなことをする計画を立てていました。ところが、七ちゃんとプ~さんの引っ張りっこをしていて『ズキッ』何と!久しぶりにぎっくり腰になってしまいました。患者さんの痛みを身にしみて理解する良い機会でもあり、早速!三導療法で痛みを取っていきます。『両耳先端指二本分上』に両中指の爪先を当て、やや強めに刺激を加えていきます!刺激を加えながら腰を動かしていきます!前屈・後屈・回旋・立ったり座ったりなどしている間に痛みは消え去ります。

 

僕は、誰にも見られないように玄関付近で行なっていましたが、視線を感じて振り向くと!義母と妻と七がいるではありませんか!?「何してるの?」の言葉のあとに爆笑されてしまいました。『頭を押さえてクネクネ』している後ろ姿ですもんね。僕もおかしくなって爆笑してしまいました。^^

 

あとは何もせずにのんびり過ごしました。テレビを見てくつろいでいると七ちゃんがやってきて『おやつくださいな』って言うので、おリンゴさん3つをあげました。よかったね七ちゃん!^^


1 / 1712345...10...最後 »