とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 腰を痛めて1週間

つげ櫛療法!(手の腱鞘炎)

以前に!ばね指(弾撥指)でも使用した患側の側頭部耳上やや後部の部分をつげ櫛で梳くだけで、アノ治りにくい手の腱鞘炎全般に即効する方法をお伝えし、一日も早く笑顔になって頂きたいと思います。^^

 

本当は、重要点は一点であり、ひとによって又、頭の形状の差異によってその一点を求め出すのは困難であろうと思うに至りました。

然し!つげ櫛療法であれば、まんべんなく!そしてその一点にも必ずや刺激が加わる!要するにヒットするだろうと考えています。

 

これは、手の腱鞘炎全般に応用可能ですので安心して行なってください。勿論!副作用はございません。

 

ばね指の方は前回を参考にしてください!お願い致します。それでは始めます。ご自分で行なえない激しい痛みがある方は、他の方にお願いしてください。先ず、痛みを確認してから!つげ櫛で頭部全体を梳いていきます。目が明るくスッキリとしてきましたら、左上の写真の緑の点を重点におきシッカリと梳いてください。

 

再度!痛みを確認して終了です。繰り返し行なうことで、治癒する期間が俄然!早まります。腱鞘炎は温めることが大切であって、冷やさないようにこころがけてください。然し!夏期においてはその限りではございません。

 

手首の激しい痛みを伴う腱鞘炎の場合の多くは!赤ちゃんのおられる家庭の方に発症しやすい傾向にあります。抱く際には五本の指を大きく広げておられるのではないかと推察致します。指を広げない抱き方に変えて頂きますと回復が早まりますので、よろしくお願いします。

 

柴田接骨院では、お怪我以外は自費診療で行なっていますことをつけ加えておきます。

 

一助になればと存じます。

 

 

comment