とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 豆乳をお勧めします

5人救った君を忘れない!

昨日!北日本新聞を見た妻が、感極まり声にならない声で「見て$#」と、きれいに折りたたんでその記事を見せてくれました。

 

5人救った君 忘れない 福島県の高2男子 津波で犠牲 紙芝居に とあります。読み進めると同時に涙が溢れて止まりません!以下、紹介したいと思います。2015年(平成27年)6月1日月曜日北日本新聞 (国内)(4)より引用致します。

 

(引用転載開始)

 

 東日本大震災の当日、福島県いわき市の高校2年工藤盛人君=当時(17)=は、介護が必要なお年寄りら5人の避難を手伝った後、津波にのまれ亡くなった。その勇敢な行動を語り継ごうと紙芝居が作られ、31日、両親の前で初披露された。両親は「息子を誇りに思います」と胸を熱くした。

 

 あの日、工藤君は海に近い自宅にいた。激しい揺れ。大津波警報を知らせるサイレン。家の前では、訪問ケアの高齢者を担架で運びながら介護福祉士たちが避難路を探し右往左往していた。「手伝います」工藤君は担架運びに加わり、一行を高台のホテルへ誘導。「足が悪いじいちゃんとばあちゃんが心配なんで」と、近くに住む自分の祖父母を捜しに海の方へ戻った。後日、工藤君と祖父母は遺体で見つかった。

 

 父功さん(55)と母弥生さん(51)は半月後、福祉士たちがお礼を言いに訪ねてきて、初めて経緯を知った。「そうですか。人助けをしていたんですね。教えてくれてありがとう。どうか盛人のこと忘れないでください」悲嘆に暮れる中での救いだった。近所の女子高校生に「逃げろ」と声を掛け、手を引いて先導していたことも半年後になって分かった。津波が来るまでの45分間、お年寄りと3人の介護スタッフを合わせ、彼は五つの命を助けたのだ。

 

 紙芝居で震災を語り継ぐ活動をしている福島県伊達市の菅野米生さん(69)、幸枝さん(65)夫妻が、いわき市内の両親宅を訪れ上演した。親戚や高校の先生たちも集まり、涙ながらに見入った後、それぞれが知る工藤君を語り合った。

 

(引用転載終了)

 

僕も妻と同様に、読んだあと工藤盛人君の行動を日本人として誇りに思います。「世のため ひとのために」と教わってきました。が、自分のことばかりになってはいないか!?17歳の盛人君に改めて教えられた気がしています。

 

工藤盛人君!僕たちも君を忘れないよ。

「日本人らしく」ありがとう。(礼)

 

comment