とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

つげ櫛療法!(脚の痛み全般)

今回は!脚の痛みを取り去る方法をお伝えして、笑顔になって頂こうと思います。足や膝などをお怪我されかなり経過しているのに痛みが残りお困りの方には一番良い方法!だと僕たちは考えています。

 

簡単!且つ即効性がありますので、是非共お勧めの方法です!最初は、「三導療法」としてお伝えしようと思ったのですが、つげ櫛療法の後に行なうことで『気』の流れが大幅に良くなりますので「つげ櫛療法」としてお伝え致します。

 

それでは始めます。先ず最初につげ櫛で頭頂部から後方を流す様に梳いていきます。それから頭全体をまんべんなく梳き、目が明るくスッキリ(これが目安です)としてきましたら、次に左上の写真の様に足の親指に注目します。

 

写真の足の親指は右足です!この場合は痛む側の足親指を刺激するものです。今回は右脚の痛みをモデルにしていますので、左脚の方は左を想定してください。

 

右足の親指内側の爪のキワに赤い点が示されています!そこをつげ櫛の持ち手尖端を当て!やや強めに刺激を加えてください。只、それだけです。『柴田接骨院のつげ櫛療法!』これを行なうことで、足関節や膝関節!オスグッドにシンスプリント!アキレス腱痛など脚の長引く痛みに即効します。

 

副作用などは勿論!ございません。然し、良い副作用として頭痛も消し去ることが出来ますので行なってみてください。

 

良い情報は、ひとり占めにせず!ドンドン発信してたくさんの方々と共有する。これが柴田接骨院の考え方であり、信念です。よろしければ、お困りの方にお伝え願います。

 

一考一助になればと存じます。

柴田佳一 拝、

 

 

comment