とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 慢性の痛み!?

ごしんじょう療法!(交通事故)

先日!交通事故の患者さんにごしんじょう療法を実践してものすごく嬉しかったことがありましたのでお伝えしたいと思います。

 

交通事故でお怪我をされた岡田優子さん(仮名)23歳は、75日間に亘り、医療機関に通院加療されていましたが一向に回復の兆しが見えなかった為!当院のホームページをご覧になり来院されました。頚部から左僧帽筋、左肩の痛みが大変であることと、腰部と右膝関節の痛みも訴えておられました。

 

状態を把握する為に施術を進めていきますと!75日間も痛みと対している為か、ストレスによる目の痙攣と脊椎に激しい痛みがありましたので脊椎が過敏となっていると判断して、ごしんじょう療法を開始しました。

 

二本のごしんじょうを使用し、貴峰道で学んだ通り無心で治療していきます。終えての岡田さんは先程の痛みが雲散霧消!「そんなに複雑なこともしていないのに、こんなに急に良くなるなんてビックリ!」の言葉に僕もすごく嬉しく胸に響きました。

 

それに加えて!お薬が長期に亘っていた為なのかは分かりませんが?浮腫(むくみ)が強く出ていたのが消えてきて!これまたビックリしてしまいました。翌日!出社して皆さんに「あれ!痩せた!?」と言われ嬉しかったそうです。(本当に良かったですね)^^

 

今回の投稿も岡田さんのご承諾を得たうえでお伝えしました。

ありがとうございました。

 

ごしんじょう療法を行ないますと!その結果に大変喜ばれ、僕たちも共にその喜びを共有させて頂いています。治療家としてこのような誇りを感ずることは、ほかに類を見ません。

 

今までにも数多くの患者さんにごしんじょう療法を実践し、喜びを分かち合ってまいりましたが、今回!何故か一段と喜びが大~きく感じられました。貴峰道本部の貴田晞照先生には、本当にいつも感謝の気持ちで一杯です。

 

ありがとうございます。

柴田佳一 (一礼)

comment