とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 鉄欠乏性貧血

低気圧の話!

いい天気~いっ!」と背伸びをしたくなる青い空は、高気圧のおかげです。然し!低気圧が近づくと何故か不思議な事に晴れているのに古傷が痛みだしたり、偏頭痛のアノ嫌な痛みが襲ってくるのは何故なのか?

 

僕が子供の頃!近所のおばあちゃんは晴れているのに「ああん明日は雨降るさかい!カッパ持って行かれ」と、よく教えてくれたもので、またそれが良く当たったのです。おばあちゃんは、「どんなに良い天気でも、私の左膝が疼きだしたら次の日は雨なんじゃ」と。本当に良く当てていらっしゃったのを鮮明に記憶しています。^^

 

低気圧が居座る梅雨の時期は、当然の如く湿気が多く衣服や髪!皮膚へと付着して歩行するたびに熱を奪い!身体を冷やします。身体を冷やすことは関節の痛みやこわばりを誘発します。

 

然し、先の話のおばあちゃんの左膝が疼くのは、雨の降る前の良い日であって、湿気では説明がつきません。僕がこの答えを知ったのは、10年前!ごしんじょう療法を始めた時でした。その答えは!!

 

『それは、痛みを生じさせる原因が湿気ではなく、大気圏から降り注いでくるプラスイオンの影響だからです。大気の上空にはプラスイオンが多く分布し、地上の表面ではマイナスイオンが多く分布していますが、低気圧が来ると雨が降る前に、大気の上空に分布しているプラスイオンが地上に降り注いでくるのです。そのプラスイオンの増大によって痛みが生じているのです』

 

『だから、低気圧が居座る梅雨時は体調を崩しやすいのです。梅雨時になり低気圧が続くと、いかに邪気(過剰の電磁気エネルギー)が身体に増えるかが、ごしんじょうで調べると手に取るように分かります』(超医療ごしんじょうより)

 

俗にいう神経痛や偏頭痛をお持ちの方や交通事故によるお怪我のある方は!低気圧が近づく前に体調を崩される場合があります。それは悪化したのではなく!プラスイオンが増えているという証左ですので、森林浴をお勧めすることはもちろん!植物を室内に置くこともよろしいかと思います。

 

ひとの身体は気圧も含め!さまざまな大自然に影響され!環境においても影響されているのだなあと改めて感じ、共鳴しあっているのだと思うに至りました。

 

 

comment