とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 免疫力を高めることが重要!

ぎっくり腰は冷やす?温める?

 

「ぎっくり腰は冷やせばいいのですか?それとも温めればいいのですか?」の問いに「ぎっくり腰の場合!柴田接骨院では、打撲や骨折など、ぶつかって腫れがある場合を除き最初から温めます」とお伝えしています。以前は「冷やしてください」「お風呂は駄目です」「安静第一」「お酒なんて絶対駄目です」と言われることが多かったと思います。また、そう思い込んでいた時代と理解しています。

 

柴田接骨院では昭和60年開業当時から一貫して『ぎっくり腰は最初から温める』事を行ない!即効性に驚かれ!そして喜ばれています。「ごしんじょう療法」「三導療法」にて痛みを取り去り!運動をして頂き、温罨法に温湿布!を施し、効果的飲酒を勧めています。先日も「今まで聞いていた事とまったく真逆ですね」と大変!驚かれていました。

 

僕のぎっくり腰体験も拙ブログでお伝えしていますので、参考にしてください。では、何故?温めるといいのかを簡単にお伝えすると『温める』事により血流が促進され、関節のこわばりが取れます。腰は椎骨が5つあるので、腰の関節が5つある箇所といえます。痛みによるこわばりが、温める事によって取れる事により、痛みも和らぎ!次第に取れてきます。動く事さえ困難だったのが、動けるようになりますので、安静ではなく普通に動き普通に生活して頂きたいと思います。

 

今のような寒い時期においてはドンドン温め、カイロなども利用されればよろしいのですが、夏の時期においては代謝が上がりますから、冷やすこともよろしいと考えています。

 

僕のぎっくり腰体験「院長のぎっくり腰のはなし!」を3部に分けて笑い話になっています。チョット恥ずかしいのですが・・・。

 

カテゴリー 三導療法

2014.10.14. 院長のぎっくり腰のはなし!

2014.10.22. 院長のぎっくり腰のはなし!2

2014.10.27. 院長のぎっくり腰のはなし!3

 

参考になりますかどうか?!^^

 

やっぱりこれが一番大事です!

2015.04.04. ぎっくり腰の即効療法!

一考一助になればと存じます。

柴田佳一 拝、

 

 

 

 

 

 

comment