とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 腰を痛めて1週間

心因性頻尿の重要点!

 

 

 

 

 

 

 

今回は「頻尿」特に「心因性頻尿」の回復を早める方法!重要点をお伝えしたいと思います。つげ櫛療法と三導療法を併せたものであり、簡単!且つその場で違和感が引いていくのをお感じになられると思います。先日!偶然にもその場で違和感を引かせる事ができましたのでUPする運びとなりました。

 

上の写真をご覧ください!側頭部と大腿部内側に黄色の点が示されています。頭全体を先ずは「つげ櫛」で梳いてください。頭皮を気持ち良い強さで梳き、気の流れを整えます。痛く感じるところは反応点です。気の流れが正常になりますと痛みは雲散霧消します。頭の写真は左側ですが、左右対称ですのでよろしくお願いします。

 

側頭部の黄色の点周辺をしっかりと梳き、耳の前から下方へと梳き流してください。早ければ、その場で下腹部の違和感がスーッと引いていくのをお感じ頂けると思います。つげ櫛が無ければ手を使ってもよろしいです。

 

次に、大腿部の内側の黄色の点をご自分の指でやや強めの刺激を加えます。5秒間3セットでお願いします。終わりましたら両足の小指の裏部分を刺激して終了です。

 

行なってみてよろしければ、他にお困りの方にお伝え願います。副作用の心配もありませんので安心して行なえる方法です。^^

一考一助になればと存じます。

柴田佳一 拝、

 

comment