とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

手は第二のごしんじょう!

ごしんじょう療法を受けたいのですが、都合があって外出できない・・・・・さまざまな理由があり・・・・・だいじょうぶです!

 

ごしんじょうを持っておられなくても出来る方法があります。日本には古来より手当て!というシンプルかつ最高の方法があります。

正に医療の原点!

 

然し、どうして手当てで楽になってくるのだろう・・・・・・・・・?

 

僕は、以前より思いつつも今まで来ました。その疑問は、ごしんじょう療法を生みだされた貴田晞照先生の「ビリビリジンジン体操」で氷解しました。手は第二のごしんじょう!といわれています。

 

是非、貴峰道のホームページをご覧ください!

「ビリビリジンジン体操」では、ごしんじょうは使わず、手のひら、指、つめを使って邪気を取っていく方法が分かりやすく紹介されています。

 

貴田晞照先生のすべてを惜しみなく公開されていく姿に僕は、大きな感動を胸に感じます。

 

ひとりでも多く知って頂きたい!

こころから一助になれば!

comment