とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

読書のすすめ!6

久しぶりに良書に出会いました。

Tokyo DD Clinic院長 内科医 内海聡著

       医学不要論

全く不要な9割の医療と、イガクムラの詐術

(帯引用開始)

現役医師は、なぜ医学を見限ったのか?

誰も書けなかったイガクムラの実態が今、露に

現代医学の9割は不要!

現代のニセ病気の大半は、それを治すという発想そのものが問題なのである。風邪の症状から胃腸の不良、体の痛み、頭痛、だるさ、めまいなどから、さまざまな精神症状など、さらにいえば生活習慣病からアレルギーなどに至るまで、それらのほとんどは治してはいけないものである。違う言い方をすれば「医学が治すべきものではない」ということだ。

 

ガン、リウマチ、気管支ぜん息、慢性胃炎、過敏性腸症候群、うつ病、メニエール病、高血圧

パーキンソン病・・・・・・・etc

その診断、もしかしたら”ニセ病気”かも!?

 本書を読んで、あなたが支持するのは、医学?それとも著者?

 

本当の医学の目的とは何か?

この問いについて、ある人はこういうだろう。「病気を治すめ」。

また、ある人はこういうだろう。「人を死からたすけるため」。

また、ある人はこういうだろう。「人に幸福をもたらすため」。

―現代医学にそんなことができるか、

あなたは真剣に検討したことがあるだろうか?

(帯引用終了)

 

という衝撃の一冊です!

思い込んでいた今までの常識が、諸に吹っ飛ぶかもしれません!

内海聡医師!お若い先生ですが命を賭けた一冊と僕は思います。

今の日本に、このような素晴らしい医師がおられることは、ほんとうに救いです!

 

すこしでも時間があるなら「本屋さん」に行きませんか!

一助!一考!になる良書があなたを待っています!

 

 

comment