とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

健康入浴法

前回は「複式深呼吸のすすめ」をお伝えしましたが、今回は「健康入浴法」をお伝えし、病を寄せつけない健康なからだをつくりましょう。

 

現在のお風呂は、バスタブにお湯を溜めて入浴します。時間がない場合などはシャワーだけで済ませることが多くなっています。要するにからだを温めるのではなく、洗うことが目的となっています。清潔保持が第一だと僕も思います。それにもうひとつ!加えて行なうことで健康を引き寄せる入浴法があります!行なってみましょう。

 

上の写真をご覧ください!背中に赤い点が示されています。この部分と周辺を「ヘチマ・日本手ぬぐい・タオル・垢すり」などを使って擦ります。僕は何もつけないで行ないますが、肌の弱い方は石鹸を使ってソフトに行ないましょう。

 

おひとりでも行なえますが、パートナーやお子さんと一緒に入浴し交互に行なうのが大変によろしいかと思います。

 

赤い点の場所に「心」「魂」が、丸く納まっています!この部分を大切に磨くことで、丸く納まるものが清らかになり、からだが清浄になり、健康なからだをつくります!是非!行なってください。

 

僕が子どもの頃は浴槽に水を張って、マキに火をつけてお風呂を沸かしていました。適温まで水を差して入浴するのですが、下から熱くなり、からだが真っ赤になったものでした。出ようとすると!?「100まで数えたらな」というやさしい声が・・・。^^

 

そのあとは本当にぐっすりと眠れたものでした。この方法は『昔から自然に行なわれてきた方法』というか「事」なのです。幼児の背をやさしくそしてリズムよく叩いたり、擦ったりするだけで不調は消え去ることがあるように!この赤い点をやさしく擦りましょう。

 

一考一助になれば。

柴田佳一 拝、

 

 

 

comment