とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

痛みが長引く場合!

来院される患者さんのなかで、痛みが長引いてお悩みの方が増えています。医療機関をいくつか受診されているのですが、痛みが取れないと。

 

荷物を持ち上げた時に腰を痛められ2週間を経過したにもかかわらず、痛みが取れない患者さんに三導療法を行ない8割の効果があり、2割の痛みが残りました。普通であれば、その場で痛みが消失するのですが、結果はそうなりませんでした。

 

こんな場合は患者さんの背骨を確認しています。おそらく背骨に痛みがあるだろうと!やはり指で押さえてみると激しい痛みが確認できました。これは『ストレス』が痛みを増長しているのだと僕たちは考えています。

 

この場合、背骨の痛みを取り去ることによって、腰の痛みを取り去ることができます。その方法は、頭頂部にある『百会』というツボをやや強めに刺激することで、笑顔になって頂けます。^^

 

『百会』が分からない場合は、頭頂部の髪を指に巻き付け、上に引き上げることでも同様の結果を出すことが可能です。痛みが長引く場合には、是非!行なってみてください。^^

 

行なってみてよろしければ、お困りの方があればお伝え願います。そして、皆で笑顔になりましょう。腰痛の場合柴田接骨院では、冷やさずに最初から温めています。(打撲や腫れている場合を除く)

 

上の写真は、昼休みの氷柱です。気温が上がり溶け出しています!痛みもこのようにして消えるといいですね。^^/

 

一考一助になればと存じます。

柴田佳一 拝、

comment