とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 注目する食品

食の安全神話!

TPP断固反対!

ブレナイ!

うそつかない!

 

といっていた昨年12月の衆院解散総選挙後の今!そして参院選挙後の今!ガンバロー!と右手を上げていたが流れ流れて何も言わず口を閉ざしてしまった!ひとりひとりがこれから先、何を信じ!どうやって家族を守るかを悟った瞬間でした。

 

僕の住んでいる富山県砺波市はチューリップに力を入れ市章にもなっています。ゴールデンウイークにはチューリップフェアが開催され観光客で賑わいをみせてます。然し、有名なんだ!と思っているのは市民だけで、ほかの県の友人に話してみてもそんなに知りません。 (これが現実です!)

 

ほかの県の友人は、砺波市といえば悲しいかな焼肉店の食中毒事件が脳裏に浮かぶといいます!ほんとうに悲しく残念な事件でした。

医療界にも多大な影響を与え、且つ食品業界はもちろん日本の一部社会の闇をも垣間見た事件であったと思います。

 

亡くなられた方々の生きてこられた証が全国の人の記憶にある!と僕は信じてます。

 

日本全国どこに行っても人の温かさや優しさをこころから感じる!

むかしの日本とはそういう国柄だったのです!ひとも同じく!

蘇民将来伝説が根底にあったのだと僕は思います。

 

貧しくともこころを込めておもてなしをする!というこころが広く日本にはありました。最近!食の安全神話がペラペラとめくれていくというか?はがれていくというか?いままで信用しきっていたところで起こってしまう事件や事故!信じられません!

 

利益を追求するのみに没頭し、ひとさまの為に!喜んでもらう為に!おいしい・・・!と言ってもらう為に!というこころが剥がれ落ちてしまっているのです。先日は2度目の土用の丑ということでウナギを食べました!という声がありました。

 

国産のウナギはなかなか手に入りませんが、ほかの国からは数多く入っています。が!日本人の食べるものなんか・・・・!とウナギの餌にとても信じられないモノを与えているのです。ひととしてしてはいけないことをいとも簡単に!(ノロ発生は当り前)

 

見た目はきれいでもその中はどうでしょうか?加工されたら全く分からなくなってしまいます。TPP参入後は表示の規制も緩んでくると思われます。

 

僕が何を伝えたいのか!

お分かりになっていただければ良いのですが・・・・

 

畑のある方はどんどん活用していきましょう!畑が広くて困るという方は畑をもたないひとに貸してあげましょう!安全な食を得るには信頼のおける生産者をみつけることと自分で作ることです!

 

毎日の世話が楽しみとなり収穫の喜びを知ることが出来れば(嬉)僕らはご近所同士で野菜のやりとりをしています!ご近所みな仲が良く「採れ過ぎたから手伝って」とか「珍しいやろ!食べてみて」とか!持ちつ持たれつ楽しんでいます。

 

長々と書きましたが食の安全神話が剥がれ落ちてゆく今!食の完全神話は自ら作りほんとうに安全な食を得ることです!値段ではないのです。

 

こころを込めて作られたものはおいしく、ほかのひとにも食べてもらいたくなるんです。そんな食が日本人の立派なからだをつくるのです。TPPなんか押し返すくらい立派なからだを持ち大切なものを守っていきましょう!(拝)

 

 

 

 

 

 

 

comment