とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

熱中症対策!

今日の北日本新聞の気象情報を見ると、最高気温は平年より大幅に高く、7月中旬から下旬並み。水分をこまめに補給するなどして熱中症対策を。富山で30℃砺波で29℃としています。今日の砺波では『となみ夜高祭り』が開催されます。多くの人達が夜高行燈を五穀豊穣、豊年満作を祈って今日、明日の為に製作に当たってきました。暑い中、体調を崩さないように頑張ってください。

 

さて、完璧な熱中症対策は、暑い場所を遠ざけることですが、威勢の良い祭りでは暑い中を熱く盛り上げるものですから、それは無理というものです。

 

ごはんを中心とした日本食を積極的に頂くことで完璧な「熱中症対策」と成り得ます。減塩を声高に言うのではなく『自分の味覚に正直に丁度良い塩梅の味噌汁と漬物とごはんを頂く』ことなのです。

 

「人」に「良い」と書いて『食』となりますが、正にその通りで「氣」を高めるものは正に『米』であると漢字は教えてくれています。

 

熱中症対策は、我々の最も身近にある『食』にあるのです。もう一度!ひと昔前の生活に戻ってみませんか!?野菜作りもひとつの大きなきっかけになるかもしれません。

 

「熱中症対策に日本食」一考一助になればと存じます。柴田佳一 拝、

comment