とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

夜に爪は切らぬもの!?

僕は子どもの頃から「夜に爪を切ると親の死に目にあえない」と言われて育ちました。今の子どもたちは知らないのかもしれません。では、どうしてそう言うのか?と聞かれると「縁起が悪いのだ」などと言ったりすると『ボーッと生きてんじゃねぇよ~』と、5歳の女の子に叱られそうですね。夜に爪を切ることは「世詰め」といって自分自身が若くして亡くなる。要するに親より先に死を迎える為に「親の死に目にあえない」と言うことなのです。親不孝にもなりかねませんので『夜に爪は切らぬもの』と昔から言う事に噓はないのだそうです。

 

分かっていそうで分かっていない自分自身で苦笑いするのでした。^^

comment