とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 縁起物の虫除け

これからも注目です!

小矢部のシンボルとして親しまれているクロスランドタワー!解体するか否かが、議論されていましたが、昨日13日の小矢部市議会本会議で桜井森夫市長は「解体は現在考えていない。シンボルとして残したい」と述べられました。

 

何とかならぬものか!?と色んなことを考えていた時に、桜井市長のこの見解!解体されないということで「ホッ」としたことは言うまでもありません。本当に良かったと心から思います。以下、転載致します。

 

(北日本新聞より転載開始)

高さ118㍍のタワーは約14億円で整備され、1994年に開業した。市の計画ではタワーは廃止する方針で、大きな不具合が発生した時点で利用を取りやめる。タワーの2017年度の収入は914万円。維持管理費は1298万円(指定管理者の財団職員の人件費を除く)で、384万円の赤字が出ている。タワー施設全体の耐用年数は約50年だが、エレベーターは19年度に耐用年数の25年を迎える。専用の部品は昨年末で製造が中止となった。

 (転載終了)

これから色んなアイデアが集まると、ドンドン良い方向へと進んで行くような気がしてなりません。これからのクロスランドタワーに注目です!

 

 

comment