とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

リュウグウノツカイ

富山湾でリュウグウノツカイが1月30日、魚津市経田の海岸で見つかりました。富山県内では、昨年10月から今月28日までに4匹が発見されていて今回で5匹目となります。一説には、深海魚が発見されると地震の前触れだと言われています。他にも、クジラの身投げと呼ばれている多数のクジラの座礁なども同じく言われています。確かに最近になって、富山県東部の地震!西部の地震!新潟県佐渡近海の地震など震度は小さいものの、発生していることは事実です。「大丈夫、大丈夫!絶対に大丈夫」と、言いたいところではありますが、この日本列島は各プレートの上に存在していることは確固たる事実です!そしてフォッサマグナ・・・。

 

『いつ、どこで、何が発生してもおかしくない』と言うことを忘れずに生活していこう。と思っている次第です。リュウグウノツカイは我々人間にそんなことを知らせてくれているのかも知れませんね。

comment