とれたてBlog

TOP > とれたてblog > おりてくださいな

柔道整復術(整復法)

「3カ月も経過したのに一向に良くならないんです!仕事をしてるからかなあ?」と、お困りの様子。医療機関には通院されていたのですが、やはり!会社のお仕事や家の仕事も含めて右手は酷使されている様子がうかがえます。右手関節の小指側、尺骨部が少し腫脹しています。「今から右手関節を整復します。力を抜いて僕に任せてください!上向きに少し引っ張りますね。次に今から下向きにしますね。今度は小指側に捻りますよ」『ジャリッ!』「はい!整復終了です。如何ですか?」「えっ、あれ!痛くない!全然大丈夫です!?」一度の完全整復法にて、手関節の痛みと運動痛、手をついても捻りを加えても大丈夫となりました。

 

我々柔道整復師の行なう施術には、先人たちが伝えてくれた手技!柔道整復術の整復法があります。骨折や脱臼の整復法をはじめ、整復法を行ない関節の異常を正常に戻し、普通の生活が出来るよう努めます。先日、お伝えした股関節の痛みや今回の手関節の異常など、一瞬にして整復し正常に復します。これこそが柔道整復師の整復法なのです。

 

僕の柔道整復術の師匠は、元富山県柔道整復師会会長高崎光雄先生です。整復法の奥深さは先生の下、5年間しっかりとご教授頂いたときに深く感じた次第です。「世の為、ひと様の為に働きなさい」と、教わったことを胸に刻み漸進したい。その思いは今も変わりません!こころから感謝です。

 

富山県砺波市 柴田接骨院 柴田佳一 拝、

 

comment