とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 無花果

腰の痛みを取る方法

「腰の痛みが強く、靴下がはけない!脚が痺れるんです」と、県外の50代女性から連絡がありました。整形外科を受診され『脊柱管狭窄症』と告げられたとのことです。医師の御高診がありましたので、こちらとしても安心して対応させて頂けたことは言うまでもありません。『脊柱管狭窄症』の特徴としては、長く歩くことが出来ない状態になります。脚の痺れが起こり、座って休まないと歩き続けることはできません。背筋を伸ばすと、それが起こり前かがみの姿勢で軽快してきます。年齢的にも僕よりはお若いので、先ずは「腰の痛みを取る方法」をお伝えします。写真に赤い点が示されています。足の外側の赤い点に中指を強めに当て、下になぞっていきます!痛みの強く感ずる場所が重要点になります。その場所を強めに1・2・3でよろしいです。左右両方行なってみてください。脚の痺れは頭頂部に中指を当て、真後ろに強めの刺激を加えてください。つげ櫛でやや強めに梳いても同様に即効します。あとは腰のまわりを温めることは忘れずにお願いします。血行が促進されますと痛みやこわばりは軽減!若しくは消え去ってくれます。安心して行なってください。くれぐれも冷やさないようご自愛ください。どうぞお大事に!

comment