とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 白菜の菜花から思うこと

帯状疱疹後神経痛 2

今回は、痛みの激しい疾患『帯状疱疹後神経痛(左背部と上肢)』の症例を許可を得てお伝えしたいと思います。60代(女性)時期的にはワクチン接種2回目を終えた頃の令和3年9月23日に発症!(※ワクチンとは無関係)専門医の受診で『帯状疱疹』と診断されました。痛みが激しく2軒の医療機関を受診されますが、なかなか痛みの変化がなく睡眠もとれない状態となっておられました。いくつものイベントを抱えられ、ご多忙過ぎて精神的にも肉体的にも大きくストレスとなっていたことは明らかでした。10月8日に来院され、ごしんじょう療法を開始致しました処!初回で痛みが軽減し喜ばれましたが、再び大きなストレスがあり「3歩進んで2歩さがる」状態に!!やはりストレスは病の元凶であることの証左だと僕は思います。いくつものイベントを開催されすべて終えられた今日!来院され治療に入ると「もう気にならない程度までになりました」と笑顔で伝えてくださいました。腕の帯状疱疹後神経痛はなかなか回復が難しいものですが、約3カ月でここまでの回復!本当に良かったです。嬉しくなりこちらまで笑顔にさせて頂きました!こちらこそありがとうございます。感謝です。^^

comment