とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 白菜の菜花から思うこと

左義長(さぎちょう)

今日は15日の小正月行事である左義長(さぎちょう)が各地で執り行われます。地方によっては「どんと焼き」「どんど焼き」「さぎっちょ」「おんづろこんづろ」などさまざまな名称で呼ばれています。歳神さまの依り代とともに天におかえり頂く神事であるとお聞きしています。また書き初めが天高く舞いあがれば、字が上達することが出来る!その火で餅を焼いて頂く、煙が身につくと病気にならない!と言い伝えられています。知らず知らずのうちに流れるように行なっている日本人って本当に奥が深い!いや、深すぎるのかもしれませんね。^^

comment