とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 毎日が驚きです!!

みんな待ってるよ

2017年1月場所で幕下優勝を果たしたときの朝乃山さんです。このときは石橋さんで、新十両から四股名が「朝乃山」となりました。富山県内が沸きに沸き、そして目を潤ませた瞬間でした。大関としての資質と責任を問われ、1年間6場所の出場停止に僕は、歯を食いしばり、両膝を力の限り握りしめました。あれから1年!何故か僕は殆ど大相撲中継を見なくなり、新聞で結果を知るだけに。先日の5月16日(月)の北日本新聞19ページ「つなぐ」(声の交差点)を読んだ妻が「涙が出た!お父さん読んで」と勧めてくれました。以下、引用転載させて頂きます。

 

(引用転載開始)

  みんな待ってる朝乃山 高岡市 岡本さん(公務員59歳)

 風薫る5月、大相撲夏場所が始まりました。朝乃山は3月の春場所は西幕下2枚目、出場停止処分最後の6場所目となった今場所は西幕下42枚目での全休となりました。高砂部屋では雑用もこなし、場所中はテレビを見て士気を維持しているということです。春場所の優勝決定戦も見ていたそうで、「次こそ俺だ」と強く決意したことでしょう。黒まわしでの稽古・トレーニングにもさらに力が入ったのではないでしょうか。朝乃山が復帰する7月の名古屋場所まで2カ月を切りました。三段目からの復帰となりますが、朝乃山の熱心なファンが大勢応援に駆け付けると思われます。その頃、声を出しての応援ができるのかは分かりませんが、多くの「朝乃山タオル」が掲げられることでしょう。ファンは勇姿を見て、すすり泣きするのではないでしょうか。頑張れ、朝乃山。待ってるよ。

 

  耐えた朝乃山頑張れ 南砺市 上嶋さん(無職 84歳)

 4月26日本紙に「朝乃山、西幕下42枚目 7月名古屋から復帰」という顔写真入りの記事が載っていました。朝乃山が6場所出場停止という長い処分となった時は、「なんで?」と、とても悲しく寂しい気持ちになり、今までの心の糧がなくなりました。私たち富山県民にとって、大関朝乃山は期待の星だっただけにショックが大きかったのですが、本人は、なおさら苦しかったと思います。謹慎してからもうすぐ1年になります。もう一度心を引き締め、一からやり直す気持ちで、幕下以下が締める黒まわしで稽古に励んでいるようです。雑用もこなしているそうで、胸にこみ上げてくるものがありました。これからもその気持ちを持ち続け、自分に厳しく、前へ前へと進み、いつかまた大きな星となってください。県民みんなが期待しています。頑張れ、朝乃山。応援しています。

(引用転載終了)

北日本新聞のお二人の朝乃山さんへのエールに涙が溢れました。僕たちも同じ気持ちで、ずっと、ずぅ~っと力強く応援したいと思います。7月名古屋場所まで2カ月!みんな待ってるよぉ~。

comment