とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 赤トンボ君

パイナップルリリー

庭の片隅に存在感のあるパイナップルリリーが育ってきました。何年前からか忘れてしまったのですが、毎年!『どうでしょう!』と咲き誇ります。パイナップルリリーという名から「食べれるのかな?甘酸っぱいのかな?」と期待してしまいますが、そこは期待はずれのようです。よくパイナップルツリーと間違えて記憶することが多いと聞いていますが、僕が正にそうでした!「パイナップルリリー」の植物学名は「ユーコミス」で、この蕾がパイナップルによく似ていることからパイナップルリリーという別名が付けられたそうです。可愛いので多くの人々に愛されています。パイナップルリリーはヒヤシンスの仲間で、南アフリカなどの湿地帯で自生している植物なのです。実に可愛らしく存在感抜群ですね!^^

comment