とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 今年は豊作でね

自分自身で調べる事の大切さ。

僕は以前から、いや今も言い続けている『情報に流されず!鵜呑みにせず!自分自身で調べ、一考し行動する事』。今もこれからも必須であると考えています。

 

テレビで放送されているから。とか

みんなが言っているから。今行けば無料だから。とかとか!?

しっかり調べないといけません!必ず調べてください!!(願)

 

何故!何度も何度も繰り返して伝えているのか。どうしても理解を

してほしいからなのです。例をあげて伝えます!一番記憶に新しい例題かと思います。

 

あの3.11以降、頻繁に流れていたCM!『子宮頸がんワクチン』は副反応(副作用)の多さから厚生労働省は、積極的に勧めてはいません!というリーフレットを出した。(超積極的だと思ったが?)

 

一気にワクチン接種に走った!という感がありましたが、娘の様子がおかしい!?歩けない!痛みが引かない!記憶力が低下している様だ!など一部に副反応と共に不信感が出てきたのです。

 

言われるまま流れていくのは大変危険である!ということを再確認

すべきであると、先の事案は教えてくれています。

 

先日妻が、一冊の本を僕に差し出してくれました。内科医の内海聡

氏の著書『医者いらずの食』という題名で、内科医が薬害ならぬ、あらゆる食害を斬る!!とっても危険な添加物、遺伝子組み換え、人工甘味料、農薬、合成油、化学調味料ETC・・・一生病気と無縁でいられるヒントがここにあります。(帯)

 

という本である。「医原病」が作られる構図として・・・。

 

「生きること」と「食べること」は直結しているー

現代医学は病気を治せないー

「医療化」という洗脳ー

大事なのは、自分で調べて自分で決めることー

子供を殺して才能を奪い取る「毒親」ー

「コレステロールが高いと危険」という嘘ー

高血圧、糖尿病、生活習慣病をめぐる嘘ー

 

ほんの少し読み進めた頁に、これだけの著者の思いが込められています。妻が何故、この一冊を手渡してくれたのかが分かり僕の背中を押してくれた事にも感謝です。

 

内海聡医師の著書は、異端医師の独り言のリー先生のブログと同様に一読をお勧め致します。正に目から鱗!と言えるものでたくさん刷り込まれた『思い込みを外すには大変貴重な文献です。

 

右上の写真は、患者さんから「冬至のゆず湯にどうぞ」と頂いたもので入浴してみたら、調べた通りでものすごく身体が芯から温まり

おかげさまで、こころもあったか~くなりました。

ありがとうございます。(礼)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

comment