とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 注目する食品

交通事故!その時。

北陸富山は、気温が低く雪が降っています。路面凍結の一昨日、自宅前の県道16号は9:00までの間に5台救急車が通過して行きました。

 

ひとが外出する時(車、バイク、自転車、徒歩)は、交通事故の当事者となりうる可能性が発生しています。お出かけの前に『気をつけます』という言葉を口にする。こころを込めて思う。ということを行うだけでも可能性を下げる要因となるそうです。(頷)

 

今回は治療を行う立場から、気をつけて頂きたい点をいくつか書いてみたいと思います。立場上ですので被害者となられた場合についてであり、意識が無い状態や、出血、形態の不具合のある場合を除きます。

 

事故発生!その時に動ける状態であった場合に、被害者はハイテンションになり「だいじょうぶ!だいじょうぶ!全~然大丈夫!」と動き回り、加害者の救急車や警察に連絡するのを振り切って目的地へ移動しようとする場合があります。

 

加害者が「何かあったら困りますから」と言っても聞かず、名刺を差し出しても「だいじょうぶ!」と言って受け取らず。数日経過するに従って、身体に痛みが出現し「どうしよう?」という事に。

 

実際にあったケースを紹介したのですが、交通事故の場合医療機関で受診した時より、時間や日数を経過した際の注意点も知っておく事も大切だと思います。

 

数日を経過して、異常が出てこなければ『大丈夫』だと言えますが医療機関で検査を受け「骨も異常ありません!」と安心していても

翌日の朝に首が痛くて動かない状態になることもありうるのです。

 

大丈夫だ!と思っていても、事故に遭われた日や翌日の両日は運動や入浴、飲酒は控えてもらえば宜しいかと思います。腫れが増大しては回復が遅くなる可能性がある為です。

 

交通事故!その時に興奮状態にならない当事者は居ないと断言してもよいかと思います。然し、深呼吸をしっかりとして少しでも落ち着きを取り戻し対処したいものです。

 

興奮状態では、痛みが表れない事が多い!ということを理解しておき、その時は大丈夫であっても、検査の時に大丈夫であっても「今は、痛みは大したことはありませんが、しばらく様子を見ます」と

伝える事も僕は大切だと思います。

 

 

 

 

comment