とれたてBlog

TOP > とれたてblog > ぎっくり腰の対応

三導療法!(首編)

先日、寝違えをされた方から相談がありましたので今回の三導療法は首の痛みを取り上げたいと思います。

 

首が痛くて横を向けない!上下に動かせない!などなど。朝から首の痛みが激しくて出勤どうしよう!?

そんな時こそ三導療法で痛みを取り去り、笑顔で出勤しましょう。

 

交通事故のむち打ちで通院しているが、なかなか首の痛みが取れなくてお悩みの方も笑顔を取り戻しましょう。簡単にご自分で出来る安心な方法です。

 

左上の写真をご覧ください。赤と青の2点が示されています!赤の点は首を前後に動かせない場合、青の点は左右への動き、横に向けない場合に刺激するものです。

 

もっと簡単にまとめます。

    赤・・・上や下を向くと痛む場合に使用する。

    青・・・右や左、横を向くと痛む場合に使用する。

 

左右どちらも親指で強めに直圧してみてください。そしてゆっくりと首を動かして、痛みの度合いを確認してみましょう。

 

 痛みが取れても、治ったと勘違いをされ無理をしてしまう事だけは避けてほしいと思います。痛みの残る場合は必ず最寄りの整形外科や接骨院に受診して下さい。

 

あ!相談者さんから大変よろこばれ「魔法みたい」と連絡があった事をご報告しておきます。だけど『魔法ではありません』と念を押した!という事も併せてご報告させて頂きます。(笑)

 

お大事に。

 

comment