とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 2月3日節分です

完全無農薬大豆で味噌作り!

とうとう記念すべき日がやってきたのであります!そうなんです。^^

家の畑で土壌を改良し乍ら栽培した完全無農薬大豆を使って作る味噌。

 

自分で『本物の味噌』を作るという夢が叶う日なのです。(やった~)

昨日から自慢の大豆をこれまた自慢の井戸水(地下水)に浸して戻します。すごく膨らみ綺麗な色です。左上の写真がそうです!^^

 

戻した大豆をゆっくりと煮ていき耳たぶの柔らかさになったらOKだと聞いていたのですが、「僕の耳たぶと妻の耳たぶや妻の友人の耳たぶの柔らかさがちっ違~う!?」ではありませんか?妻の友人の耳は触られすぎて真っ赤になっている。(笑)

 

今度は耳たぶ大豆を潰していきます。(これが大変だった)袋に入れてビール瓶で叩いたり、転がしたりし乍ら潰します。(味噌作りはこんなに凄いものとは思いもしなかった)

 

しっかりと潰したら冷まして、大豆を煮た時の煮汁を加えていつもの味噌の柔らかさに調整し、塩と合わせた麹を加えて混ぜ込んでいきます。我が家は麹を多めに使い、甘みや旨みを引き出したいと考えました。

 

僕がソフトボールの大きさに丸めていきます!塩を振った味噌樽に妻が投げ入れます!(すばらしいコンビネーションです)

 

味噌樽に均等にならして「おいしくなあれ」と「ありがとう」と味噌に語り掛け、最後にもう一度塩を振り密閉し、重しをやさし~くのせて冷暗所で秋まで保存です。

 

「上手く出来た~?」と友人が見にきてくれました。僕自身!味噌作りが、こんなにも奥が深く大変なものだとは知りませんでした。然し、来年もこころを込めて本物の味噌を作らせて頂きたいと思うようになりました。

 

日本人としてご先祖さま達に感謝です。本物の味噌を食することにより、ガンなどにはならない身体を手に入れることが出来るのですから。日本人の宝である『本物の味噌』をもう一度見つめ直したいと僕たち夫婦は作ってみて痛感した次第です。       拝、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

comment