とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

ごしんじょう療法のお問い合わせを一考しました。2

今回は、前回に引き続き2と題して僕たちなりに一考し、記させて頂きたいと思います。よろしくお願い致します。(礼)

 

貴峰道の中は落ち着いた木調であり貴田先生をはじめ皆が裸足でした。眼光鋭く厳つい感じの貴田先生(見た目そのままですいません)ですが、厳しさの中に大きな優しさを感じるのです。多くの病気の前に立ち、病の気を取り払い!元の気に戻していく達人というか。僕は正直そう感じています。貴田先生やお弟子さんの立ち居振る舞いを見ていると『凛』としていて、患者さんと話しておられる時の目が、何とも素敵なのです。これは僕の感じたままを記していますが、正に『大丈夫です!きっと良くなりますよ』と語りかけている優しい目なのです 。皆が裸足であることや、床の材質が木であり部屋のすべてが木調であることにはすべてに意味があることを知りました。電磁波による身体への弊害は多くの病を引き起こす原因となっています。現在の生活環境も一考すべきである事は言うまでもないと思います。トイレの暖かい便座などは際たるもので、電源を切って使用される事をお勧めします。(妊婦さんは気をつけてください)貴峰道では木の便座でした。(すみません。こんな事まで)話がそれてしまいましたので戻します。僕たちは、貴峰道に辛い表情で入って来られた患者さんが、安心された笑顔で帰って行かれる姿を目の当たりにして、これは現実だよね!?『ごしんじょうで身体を擦り、押すだけなのに・・!』と。今までの僕の中の常識や思い込みが、すべて吹っ飛んだ瞬間でありこれは僕たちの目で見たまま、且つ結果を見て感じたことです。只、それは先にもお伝えした通り『ごしんじょう』をお分かり頂くには、体験されるほかはなく。ですから「百聞は一見に如かず」「百見は一試に如かず」と貴田先生の言われる通りなのです。僕たちは思います。貴峰道のホームページをご覧ください。その中にビリビリジンジン体操が紹介されています。最初は感じない方もあるかと思いますが、次第に邪気が出ていく、抜けていくのがお分かりになるかと思います。『信じる、信じない』ではなく、僕たちが見て体験したそのままをお伝え致しました。僕たちは、決して貴峰道の広報部の者ではありません。(笑)ごしんじょうを頂いた治療家のひとりに過ぎません。こんなにも凄く!素晴らしい方法をドンドンお伝えし、様々な病と戦っておられる方々にとって福音となる事だけを考えています。2の最後に『プラシーボ効果』なのでは?というお話を聞いた事がありました。それも大変に重要なものである事を認めたうえで、信じるという範囲のないと思われる乳幼児が回復している事実は、全くもって揺るぎのないものであり、その証左であると思っています。ごしんじょう療法のお問い合わせについて、お役に立てればと思い僕たちなりに一考して記してみました。

 

このブログが一考一助になれば。拝、

comment