とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

いのち。

5月4日に友犬チャロ君の事を記したブログの中に、老いていくのは犬であれ、ひとであれ変わりはなく、心臓の鼓動の数は等しく同じであろうと僕は思うのです。与えられた命を精一杯全うすることが、幸せな生き方なのだろう。と、チャロ君を見ていてそう思いました。(5/4友犬より引用)そう!思ったままをそのままお伝えしました。不思議なもので、迎えた良書の中に正に!同じような事が書かれていたのです。以下一部引用致します。

 

(一部引用転載開始)

生物にはそれぞれ、生まれながらの寿命があります。ゾウが六十年から七十年で、ネズミは五年くらいです。すると、ゾウは長命でネズミは短命だと思われるでしょう。けれどもそれは違います。

 

生物が一生涯に打つ心臓の鼓動の数は決まっている。という研究があります。哺乳類なら、体の大きさにかかわらず、一生に二十億回打つそうです。つまり、その限られた数を「たたた」と打てば早く終わり「たっ・・・たっ・・・たっ・・・」とゆっくり打てば長くもつということです。

 

ですからゾウの六十年とネズミの五年は、年月こそ違いますが、鼓動のスピードが違うだけで結局は同じこと、命の長さは同じだと私は思います。

(一部引用転載終了)

 

僕は何故か不思議と子供の頃から、そう思っていました。子ネコを親に見つからぬように飼い、姉に見せて仲間に引き込んで。(笑)

とうとう親を説得して、家の飼いネコにし、一緒に布団に包まって寝たときに、心臓の鼓動の早さにビックリ!?それからですね。

 

友犬チャロ君は、17年と5か月を懸命に生き抜きました。人間からすれば短く思います。然し、犬とすれば大往生ではなかったかと思うのです。それぞれにあたわったいのち。決められた日まで大切にそして感謝の念を忘れずに立派に行(生)きたいものです。(礼)

comment