とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 鉄欠乏性貧血

決してあきらめない救急医療!2

今回は前回の続き2です!よろしくお願いします。咄嗟に倒れた方がいます!放っておくなんてひととして出来る訳がありません!

 

ここからは、『AED講習会』などに参加された方ならお解りになると思いますが、おさらい致します。

 

1. 状況の確認。

 (時間と道路である場合など周囲の安全の確認とその確保)

2. 倒れた方の意識の確認。

 (耳元で大丈夫ですか?の大声!揺さぶったり、動かさない事)

3. 周囲のひとに声をかけ応援依頼。

 (手のひら確認で救急車とAEDの手配を依頼)

4. 呼吸の有無確認。

 (口鼻に耳を近づけ目は胸とお腹が動いているかを見る)

5. 胸骨圧迫。

 (心臓マッサージを行う)

6. 気道の確保。

 (口を開いた状態で頭頂部を下げる)

7. 人工呼吸。

 

8. AED。 

 (大丈夫!AEDが指示する通りにするだけです)

9. 救急車到着。

 (救急隊員に確認した事項を伝える)

10. 無事回復を祈る。

 (これは、柴田佳一が勝手に付け加えました)

 

「ご苦労様でした」以上、おさらいを終了しました。

 

「勇気を出して力を貸して下さい!あなたのその勇気が、行動が、目の前の命を救うのです」今回は、不特定多数のひとが周囲に確認出来て!且つ、近くにAEDがある場合を想定しているものです。

 

また、長くなりそうなので次回に続きますが、3では、限られた人数で医療関係者もなく!携帯電話は圏外!AEDもない!というそんな場合を想定します。あるのは『決してあきらめない気持ち』だけ!

 

次回に続きます。拝、

 

 

 

comment