とれたてBlog

TOP > とれたてblog > ぎっくり腰の対応

三導療法!(踵の痛み編)

今回の三導療法は、踵(かかと)の痛みを消し去って笑顔になって頂く方法です。(お久しぶりです)^^

 

成長期のお子さんや40代50代の方など幅広く痛みを訴えられます。

 

高所からの転落から踵骨を骨折し、骨は癒合したものの痛みが引かない!何カ月も朝イチで歩く際の痛みが取れない!などでお困りの方には笑顔になって頂けるものと思います。非常に簡単な方法ですのでお試しください。そして、結果がよろしければ他にもお困りの方にもお伝えしてください。(お願い致します!)^^

 

前置きが長くなりました。(一礼)

 

さて、それでは左上の写真をご覧ください。左手のひらの下の部分に赤点が示されていますが、右手も同様です!踵の痛みには左右の赤点をボールペンか、つま楊枝の丸い頭の部分で直圧(やや強め)してください。

 

歩いてみて痛みがなければ、笑顔になって終了です。最近はめっきりと寒くなってきました!この寒さも痛みを増す原因ですので冷やさないように気をつけることも大切です。

 

シャワーだけで済まさずにゆっくりと湯船に入り、成人の方は熱燗も血流の促進に役立ちます。このような工夫も取り入れますと治癒する期間が早まります。

 

痛みのストレスなど、熟睡して吹き飛ばしてしまいましょう。

柴田接骨院では、身体に良い事や情報は独り占めにせずドンドン発信して共有する!これが僕たちの信念です。只、それだけです!

 

一助になればと存じます。拝、

comment