とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 鉄欠乏性貧血

院長の四・五十肩の話!

日本全国に冬の嵐が吹きつけているようですね!超低気圧が北に居座り寒気が入り込み!そして猛吹雪。

 

このような冷え込みの強い日などは所謂!四・五十肩と言われる疾患である「肩関節周囲炎」を患っておられる方は、夜間痛などの『アノ何ともいえない疼きや激しい痛み』で、さぞかし苦しんでおられるのではないかと拝察いたします。

 

たくさんの医療機関を受診され!この言い方の判断はおまかせしますが「藁をも縋る思い」で良いと聞く度に幾つもの医療機関に足を運ばれていらっしゃったのではないでしょうか!?

 

僕が治療した患者さんで、一番長くお悩みだった方は何と!6年間という例がありました。骨折され固定する期間が長かったという事と、荒療治による!という要因も否定出来ないものでした。

 

40~60代!特に50歳を前後する方々に多く発症し、男女の差なく、右利きであれば左肩からが多く(当院のデータによる)何の誘因もなく徐々に、時には怪我(骨折、脱臼、捻挫、その他)がきっかけとなってやや急激に発症します。

 

院長である僕自身も47歳で経験しましたが、職業上是幸いと悪化させるだけさせてからの治療開始でしたので、今!つらい痛みに必死に耐えておられる方々にはお役に立てると存じます。

 

一日も早く『アノ痛み』から解放され!熟睡出来るように!僕的に良かった情報を紹介していきますのでよろしくお願いします。

すみませんが、次回に続きます。拝、

 

 

 

 

comment