とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

院長の四・五十肩の話!2

さて、院長の四・五十肩の話!2という事で始めたいと思いますので宜しくお願いします。^^

 

痛みが強くて、まるでロックがかかったように腕が上がらない!後ろに手が回らない!僕もこれには参りました。然し乍ら、発症に気づいたのが初夏でしたので幸いでした。夏のクーラーには多少の痛みは感じますが、体が動いている為に代謝が良く!夜間の痛みだけが苦痛でした。これは皆さん!多少の違いはあっても大体同じであろうと思います。

 

肩関節周囲炎という名から(炎)炎症が起こっているので、冷やさないといけない!と思われる場合もあるかもしれませんが、その逆で温めなければなりません。見た目でも腫れがありませんから心配なされずに温めてください。

 

お風呂でゆっくりと温める入浴法や、シャワーだけの場合では、やや熱めの温度にして痛む肩に直接シャワーする方法など!工夫して行なってみましょう。お風呂にひとつまみのお塩と重曹を溶かして入浴すると!ものすごく温まるのでお勧めです。^^

 

身体が温まりましたら、湯船の中やシャワーを当てた状態で、痛む側の肘を曲げ動かせる範囲内で腕を前後左右に動かしてください。この場合は、無理は禁物であり「多少の痛みは我慢して動かす」という方法は除外します。何故なら!?長引く要因だからです。

 

入浴が終わりましたら、冷水でゆるめに絞ったタオルで痛む肩を拭きます。入浴で開いた汗腺を閉めて熱の放射を遮り、冷えを防ぎます。慣れてくると爽やかな気持ちになり、兎に角!温まります。

 

入浴後は、今のような寒い時期はカイロを貼ったり!温感シートなどを活用されればよろしいかと思います。あと!飲めない方に無理に勧めませんが、適量の飲酒をして血流促進を図ります。痛みで眠れないといったストレスは解消出来るかもしれません!只、飲み過ぎはいけませんのでよろしくお願いします。^^

 

すみませんが、次回に続きます。拝、

 

追記!『使い捨てカイロ』という画期的商品を製造してくださっている会社の皆さん!本当にありがとうございます。物凄く助かっています!(感謝)(礼)

 

 

comment