とれたてBlog

TOP > とれたてblog > ぎっくり腰の対応

院長の四・五十肩の話!3

今回は、院長の四・五十肩の話!3ということでお願い致します。前回では、痛みを早く取り去り回復させる為に!患部を温める方法をお伝えしました。入浴などで温め、お酒を頂いて新陳代謝を図り、長引く痛みで疲れたこころを温めて「ホッ」として頂くことが治癒するまでの期間をグッと早めます。お試しになられましたら必ずやお分かり頂けると僭越乍ら確信しております。さて!今回お伝えする話は、またまた代謝を上げる方法!「運動」です。ジッ!としていてもそう代謝はあがってはきません!行動して初めて結果がご褒美として付いてきます。痛む肩は正に!ロックが掛かっている為に、動く範囲が制限されています。ですから肩の運動ではありません!三導療法と併せて行う肩を動かす方法は、次回となる予定です。

 

四・五十肩を早く回復させる運動は!『歩くこと』です。今は天候や降雪による道の状態を考慮せざるをえませんが、兎に角下半身の大きな筋肉を使うことなのです。これは全身に良い影響を与えてくれる最たるものだと考えています。痛む肩にカイロを当て、暖かいものを身にまとい出発です。天候にあわせて『外』や『施設』または『自宅』で行なえると思います。然し、一番良いのは日光を浴びて歩くことであることは言うまでもないことと思います。薄っすらと汗が出てくるくらいの距離と時間は、個人差がありますので、ご自分で調節してください。身もこころも引き締まってくる前に!肩の状態が良くなるのをお感じになれると思います。あとはもう入浴して一杯!「おっと、もうひとつ忘れいてました」

『痛む肩を撫ぜながら、今までの感謝の言葉をかけること』です。

これが一番大事なのかもしれません。^^

 

すみませんが、次回に続きます。

 

comment