とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 鉄欠乏性貧血

顎関節症!(三導療法)

顎関節症にお悩みの方は、右肩上りに増えているであろうと推察されるストレス社会の現在!長引く痛みと開口制限から起こるストレスの雪だるま式状態!(誰か助けて~)

「はい万事了解です!」

 

お困りやお悩みの方を見ると、どお~しても放っておけません!これはそんなに長引くものではありませんので、先ずは安心してください。ご自分で出来る簡単な方法をお伝えしますので行なってみてください!きっと!あとの食事か、おやつが美味しく頂ける事と存じます。あなたの笑顔が浮かぶようです。^^

 

おひとりでもよろしいのですが、痛みの確認をする為に、誰かお手伝いをしてもらえる方がいらっしゃればお願いしてください。喜びは分かち合うものだと僕たちは思っています。^^

 

先ず!お手伝いをして頂く方は、顎関節症を治したい方の首から腰の背骨を上から順番に、人差し指か中指を使ってやや強めの力で押してみましょう。おそらく!背中というか心臓の真後ろ部分の背骨が物凄く痛むと思います。正に『その位置と痛みを記憶』してくださいね。三導療法を終えた後にもう一度確認して頂く為です。^^

 

次に!頭頂部の大切な一点(百会)を求めます。鼻の先端を真っ直ぐ頭頂部に向けた線と、両耳の真上先端同士を頭上を通した線との交差する場所!そこが(ひゃくえ)という大切な場所です。^^

 

人差し指か中指を使って(百会)をやや強めに!直圧(押す)してください。(とても痛いですが1・2・3ハイ!終了です)

 

次に!最初に記憶した背中の痛みをもう一度確認してみましょう。

先程の痛みは、雲散霧消していると思います!まだ痛みが残っている場合は、繰り返しもう一度行ないます。(必ず消えていきます)

 

背中の痛みが消えましたら、あとはもう少しです。

 

あと行う方法は以前にお伝えしてありますので、申し訳ないとは存じますが下記をご覧ください。

 

カテゴリー三導療法をクリックしてください。

三導療法!(顎関節編)2014.02.16.

 

行なってみてよろしければ、ほかにもお困り、お悩みの方にお伝え願います。良い情報は決して独り占めにせず!ドンドン発信して共有すること。ほんの少しであっても医療費削減に貢献すること。

 

これが柴田接骨院の考え方です。

一考一助になればと存じます。

 

comment