とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 今日は満月です

現代医学の間違い。

病院へ行くと、パソコンの前に座っている人が色々と質問してくる。

「関係ないことはいいから、質問に対して簡潔に答えてっ!」と、年下であろうその人に怒られ・・・。

 

そのパソコンの前に座っている人は私の顔は見ない!私と会話をしているんじゃなく、目の前の機器とようするにパソコンと会話をしているようでした。何なんだろう?

 

このような話をお聞きするのは一回だけではありません。あまりにもたくさんの患者さんが外来にいらっしゃる大病院であれば、致し方ないのかもしれませんし、朝に奥さんとケンカされたのかもしれませんね。と、僕も一応!フォローはしています。(笑)

 

前回にもお伝えした葉室頼昭氏の『良書』の中に、どうしてもお伝えしたいこと有之!とばかりに一部引用させて頂きます。

 

(一部引用転載開始)

 今の世の中は、科学、科学といって、科学ですべてのものが解決できると思っている人が多い。例えば、体の調子が悪いとき病院に行くと、いろいろな検査が行われますね。

 

その結果が出たらそれで身体の状態がわかって、病気が診断され治療方法がわかると思っている人が意外と多いが、これは大変な間違いです。

 

ここでは、検査の結果が出て、それを判断するのが人間の医者だということが忘れられています。だから、同じ結果が出ても、お医者さんによって当然判断が違うわけですから、診断も治療も違ってくる。さらに現代の検査の技術はオールマイティではないにもかかわらず、「あくまでも現在の検査の技術では」という大前提が忘れられているんです。

 

しかも患者さんだけでなく医者自身がそれに気がついていないことが問題です。皆さんも感じておられると思いますが、検査の結果だけを見て、患者さんを見ない医者が非常に多いのです。検査の結果はあくまでも病気を診断するための補助の手段でしかないのです。

 

当然のことまず医者は患者の全体の状態を自分の目で見て、その上に検査の結果を参考にして診断するのが当たり前なのに、現在ではそれが逆さで、検査の結果だけが主体で、患者さんの全身の状態をほとんど見ないで診断している医者が多いんですね。

 

これは現代の医学の大変な間違いだと私は思います。

(一部引用転載終了)

 

冒頭に記した患者さんとの会話も、その一端なのかもしれません。

しっかりと聞き、そして目を見て表情からの情報をも大切にする。

そこに、信頼関係がしっかりと結ばれるならば、大いに治癒する期間を早めるのではないかと思うのです。

 

医学博士であり、春日大社宮司であられた葉室頼昭氏が、現代医学の間違いを喝破されている意味は大きいと僕は思います。

 

間違いであるならば、なおしましょう!

本当のこと!真実はシンプルです。

 

 

 

 

 

 

comment