とれたてblog

TOP > とれたてblog

明日は千秋楽

大相撲九州場所も明日が千秋楽とは思えないくらいに、半月の経過をついこの間のように感じるのは、おそらく僕だけではないと思います。横綱照ノ富士関の休場とカド番の大関正代関に関脇に陥落した御嶽海関の10勝での大関復帰のかかる場所となっていましたが、思わぬ展開となりました。富山の星、幕下4枚目の朝乃山さんは、先場所に続いて小兵力士に不覚!令和5年初場所に関取に復帰となりますが、課題を克服して、これからドンドン前に進んでほしいと願っています。彼の10代の頃から注目していた西幕下筆頭の湘南乃海さん(高田川部屋)の関取昇進確定は、とてもうれしく思いました。僕はもうひとり注目している力士がいます!先場所に三段目で優勝した幕下で勝ち越しを決めた欧勝海さん(石川県出身鳴戸部屋)です。以前に幕下7枚目まで勝ち進みましたがケガで序二段まで降下しました。これから関取を目指す有望な力士です。来年はまだまだこれから強くなる力士がたくさん出世しますので、ますます大相撲から目が離せません。^^


朝乃山の大銀杏

 

東幕下4枚目の朝乃山さんは、大相撲九州場所6日目十両の土俵で、西十両12枚目の近畿大学の先輩、徳勝龍関と対戦!一気の押し出しで4連勝!勝ち越しを決めました。19年夏場所以来、9場所ぶりの大銀杏!やはり丁髷よりも大銀杏の似合う力士「朝乃山さん」ですね。来場所は関取に戻ってくれると思いますが、これから連続優勝で日下開山「横綱」になって日本を盛り上げて欲しい。と、こころから願っています。^^


納めの11月場所に向けて

先日に頂いた50年近く前の徳利とお猪口!そして35年前の茶碗です。元幕内力士で怪力で有名だった玉海力の名が入っています。徳利には大横綱大鵬!お猪口には名横綱北の富士!琴桜!そして現役で急逝した横綱玉の海の前の四股名である玉乃島が光ります。大鵬の孫たちは幕内王鵬、三段目夢道鵬と納谷の三兄弟!琴桜の孫の琴ノ若も三役昇進かという順調な出世だと思います。来月11月場所は九州場所!横綱の出場は今のところはないと思いますが、大関をはじめ三役力士には気を引き締めて納めの九州場所に臨んで頂きたいと思います。幕下4か5枚目だろう朝乃山さんも今一度!全身全霊で土俵にあがってほしいとこころから願っています。「ステキなプレゼントありがとうございます!感謝です」^^/


応援していま~す

台風14号が接近する前に稲刈りを終えたいと皆さん懸命のご活躍で、約9割は終えられたのではないかと思います。大相撲も幕下15枚目の朝乃山さんも、今日は5番相撲で5枚目の湘南乃海に圧勝で5連勝としました。稲刈りのあとに朝乃山さんの5戦全勝の話題は、笑顔で疲れが吹き飛ぶように思います!「皆さん、お疲れさまでした。朝乃山さん7連勝まであと2番!気合を入れていきましょう!皆で応援していま~す」^^/


『しっかり見届けるぞ』

富山の呉羽町出身力士横綱太刀山の写真です。同じく呉羽町出身の朝乃山さんは先場所三段目22枚目で7戦全勝優勝し、9月場所は幕下15枚目に昇進しました。幕下15枚目以内で7戦全勝優勝であれば、翌11月場所には十両昇進!となります。元大関を張った朝乃山さんですから、2場所で関取になると、誰もが信じて疑わないと思います。また、富山県のみなさんを始め、たくさんの朝乃山さんのファンのみなさんが待ち望んでいます。「以前のように大相撲に関心がなくなった!だって朝乃山が見れないでしょ」と言われる方もいらっしゃいましたが、9月場所からは7番相撲ではありますが、中継が必ず入ります。いつもより早い時間帯で視聴率が高まるのではないかと思います。写真の太刀山さんが『朝乃山劇場2とやらをしっかりと見届けさせてもらうぞ』と言っておられるような気がしています。


朝乃山さ~ん!!

今日の北日本新聞の1面と28面に朝乃山さんの記事がありました。1面には『朝乃山充実関取を圧倒』秋場所「前に出る相撲を」(元白鵬「別格」と評価)写真は28面です。先場所の三段目優勝は元大関ですから、当たり前の結果だと思います。来月は9月場所!幕下15枚目以内の昇進であれば、7戦全勝優勝で次の11月場所は十両力士!関取に復帰することになります。11月場所でも15戦全勝優勝すると、令和5年1月の初場所には幕内復帰となります。元横綱白鵬の宮城野親方も「ものが別格だなという感じ」と稽古を見て評価。幕内復帰の場所も中盤までは全勝であっても、上位力士とは対戦は組まれませんので、終盤には2回目の優勝をかけての5日間となります。僕の自分勝手な予測はどこまで的中するかどうか!?謹慎1年間で、こころもからだも一新した朝乃山さんを力強く!そしてメチャクチャ応援したいと強く思っています。朝乃山さ~ん皆で応援してるよぉ~っ!^^


すばらしい方向へ

昨日の北日本新聞スポーツ14面に「二所ノ関部屋角界に新風」と題した記事が載っていました。先代元大関若島津さん(定年退職)からこの度、新二所ノ関親方となった元横綱稀勢の里が国技館から50㌔離れた茨城県阿見町に新築した二所ノ関部屋で、この6月に始動開始です。何と!土俵は2面あり、今までの大相撲の部屋の土俵は1面で、部屋の力士全員がひとつの土俵で汗を流してきました。改革とは時代の流れと、その合理性の良さが際立つものと僕は考えています。二所ノ関親方の現役時代は『ムスッ!としていて何かふてくされている感じがあったと僕は思っていました』(親方!ごめんなさい)それが、引退した後の激変ぶりにもの凄く驚いたものです。現在では、解説のすばらしさは天下一品!正に惚れ惚れしたものです。やはり日下開山。横綱を張った力士でないと、なかなか語れないものがあるのではないでしょうか!新婚のおかみさんと共に国技!大相撲をすばらしい方向に激変させ、導いてほしいと僭越ながら思っています。^^


僕の勝手な予想です

6場所休場!1年ぶりに本場所の土俵に立った元大関の復帰は三段目からとなりました。『猛進 朝乃山』のタオルが静かではありますが、大きくそして力強く!こころに響き渡ったことでしょう。当然のことながら7戦全勝で三段目優勝!幕内最高優勝を飾った力士ですから至極当然の結果です。誠に僭越なのですが、僕の勝手な来場所予想の地位は、幕下15枚目と考えています。この地位!15枚目以内で7戦全勝であれば次の場所には十両!関取昇進となります。今年最後の11月場所を全勝で終えると、令和5年初場所には幕内復帰と相成ります。来年度から『朝乃山劇場日下開山への道』がいよいよ始まります。


朝乃山復帰場所!

 

 今日から名古屋場所が始まりました。朝乃山さんは三段目からの復帰場所!幕下以下は七番相撲!関取は15番相撲を取りますが朝乃山さんは明日11日が最初の相撲となります。写真は2年前の朝乃山関が初優勝を飾ったときの、トランプ大統領からアメリカ大統領杯を受け取る瞬間です。中央に笑顔の安倍晋三首相がおられます。『朝乃山』の名はこのとき途轍もなく大きく響き渡りました。「朝乃山劇場2」は明日から始まります。このお二人に、こころから喜ばれるように前に前に進んでほしい!と僕は思います。


朝乃山さん稽古公開

きのうの北日本新聞6月12日(日)1面に朝乃山再起へ闘志「黒まわしで稽古関取圧倒」と、この写真が掲載されたことに僕は感無量!妻に見せると二人で涙が溢れました。花の大関から三段目に降格!豊山関(時津風部屋)と東西100枚目格付け出しから始まった朝乃山劇場は、横綱を目前にして引退届を提出することになりました。引退届は預かりとなり、現役続行!然しながら6場所休場となりました。1年間の休場は大関から三段目。「江戸の大関よりも土地の三段目」という言葉がありますが、有り得ないことに戸惑いがありました。この写真は、近大の後輩、長内との稽古のものです。今、高砂部屋には十両の朝乃若関只ひとり!元大関との稽古でメキメキ力をつけているようです。来月10日から名古屋場所が開催されます。お昼から13:30頃までの早い時間に大勢の観客と報道陣が押し寄せる気がしています。朝乃山さんの復帰を富山県人のみならず、たくさんのファンがこころ待ちにしています。「朝乃山さん!ぐぁんばれ~っ!!」^^