とれたてblog

TOP > とれたてblog

横綱太刀山の功績

今日の北日本新聞(社会)24ページに『太刀山(呉羽出身)高砂部屋救う』「窮地打開へ弟子譲る」(朝乃山と不思議な縁)と題して大きな記事が載っていました。明治~大正期に活躍した第22代横綱太刀山峰右衛門が高砂部屋を救済しなかったら、朝乃山の四股名は生れなかったと思われるのです!以下、北日本新聞さんより引用転載させて頂きます。(転載開始)大相撲の朝乃山(富山市呉羽町出身、高砂部屋)が大関まで駆け上がることができたのは、故郷の大先輩のおかげだったのかもしれない。1911(明治44)年に第22代横綱となり11度優勝した同市呉羽地区出身の太刀山は、大正期に跡目争いが起きた高砂部屋の危機を救っていた。朝乃山が相撲を始めたのは太刀山の名が付いた道場で、出身大学は現高砂親方の母校。同郷の朝乃山と太刀山は、不思議な縁で結ばれている。

 

高砂部屋によると、部屋が創設されたのは1878(明治11)年。師匠の初代高砂の下、明治中期から後期にかけて第16代横綱の西ノ海、第17代横綱の小錦らを輩出し、角界にその名をとどろかせた。だが、1914(大正3)年に2代目高砂が亡くなった後、後継者に内定していた小錦も急逝したため、跡目争いが起きた。敗れた元関脇の綾川は、同郷の津軽出身力士たちを引き連れて出羽一門へ移籍。跡を継いだ元大関の朝潮(3代目高砂)の下には半数ほどしか力士が残らず、部屋は窮地に追い込まれた。このピンチを救ったのが太刀山だった。引退した18年に親方となって東関部屋を興した太刀山は、勝負審判を決める役員選挙に落選したことをきっかけに翌19年に角界を去った。その際、仲の良かった3代目高砂に全力士36人を託した。その中には後に大関となる太刀光がおり、太刀山の行動が部屋の復活とその後の隆盛につながった。朝乃山は、太刀山の遺族の寄付金で富山市呉羽小学校に造られた「太刀山道場」で相撲を始めた。富山商業高校から進んだ近畿大は現高砂親方の母校でもあり、高砂部屋から訪れたスカウトの目に留まった。力士同士の仲が良く、和やかな雰囲気の高砂部屋について、朝乃山は「自分に合っている」と話す。太刀山が手助けし、142年続く部屋の歴史を、朝乃山が部屋頭として受け継いでいく。「石黒航大」(転載終了)

 

本当に不思議な縁だと思います。富山の英雄!太刀山の縁があって現高砂部屋が142年の歴史を刻んでいる。そこに同郷同地区の朝乃山の登場!これはもう横綱に昇進せんといかんですよ「朝乃山関」!横綱太刀山にもう一歩近づいてください。頑張れ~朝乃山関。

 

北日本新聞の石黒航大記者!本当にすばらしい記事をありがとうございます。しっかりと胸に刻んでこれからも応援したいと思います。また富山の英雄の記事を楽しみに待っています!よろしくお願い致します。

 

柴田佳一 拝、


大関朝乃山関の活躍に期待!

大相撲7月場所は、来たる7月19日に無観客で行なわれます。新大関朝乃山関が初めて姿を現すことになります。大関貴景勝はカド番の場所!両横綱も35歳を過ぎており、日本人の横綱誕生を待ち望む声が高まっていることは間違いありません。相撲解説の舞の海さんが仰っていたように、朝乃山関は、大相撲の救世主となる日本人横綱となってくれると信じています。大関で2場所連続優勝!それに準ずるものが横綱昇進の規定です。大関朝乃山関の活躍に期待がかかります。上の写真は、我が家に45年前からある初代横綱梅ケ谷藤太郎の土俵入りの錦絵です。将来!横綱朝乃山英樹の錦絵が欲しいなあ。何て一人呟くのでした。^^


四股名(しこな)の力!

今では大関朝乃山関ですが、これは幕下優勝をした17年1月場所の写真です。まだ髷も結えないザンバラ頭が今では懐かしい感じですね。近大相撲部で鍛えられた体格の良さはやはり!努力の賜物です。当時は、同期で三段目最下位格からスタートした小柳(現豊山)が先んじて出世をしていましたが、この幕下優勝の前後から、何か雰囲気が違ってきたように思いました。高砂部屋の代名詞である「朝」と恩師の名を頂いた「山英樹」の『朝乃山英樹』という四股名は彼をまた護るように大きな力を与えたのだろうと僕は思います。益々相撲を愛し、正義を全うし、一生懸命努力すれば「日下開山」『横綱』に大きな力で、一気に引き上げられる気がしてなりません。「頑張れ~ぇ朝乃山関ぃ~っ」^^


朝関にもう一つの金星を

2019年9月場所5日目、横綱鶴竜を寄り切りで破り、初金星をあげた朝乃山関です。このとき西前頭2枚目で10勝5敗!2度目の殊勲賞を獲得しました。今では大関なので横綱に勝利しても金星ではありません。金星は三役以下の力士が横綱に勝利した場合にのみ加算されるものです。ですから富山の星!朝乃山関の金星は鶴竜関に勝利したこのときのみなのです。横綱鶴竜関には不戦勝もありましたが、不戦勝は金星とはならない規定があります。今回は、朝乃山関の金星についてお伝えしましたが、実はもう一つの金星を朝乃山関にあげてもらいたいのです!「金星」とは、三役以下の力士が横綱に勝利すること。もう一つは美しい女性を指します!美しい奥さんを迎えて益々、朝乃山関には頑張ってほしいと強く願っています。「朝乃山関!頑張ってもう一つの金星を目指せぇ~っ!」(余計なお世話かな)^^


越中富山の名力士

一時代を築いた越中力士の写真です!向かって右から関脇玉椿憲太郎、横綱梅ケ谷藤太郎、横綱太刀山峰右衛門、小結緑嶌友之助です。右の玉椿は158cmと小さいながらも横綱常陸山に最も恐れられた名力士!左の緑嶌は、あの大横綱双葉山や横綱羽黒山を育て上げた名師匠なのです!この写真は本当に貴重なものなのです。5月場所は緊急事態宣言延長に伴い中止となりましたが、いずれ神風が吹き一掃されることでしょう。朝乃山関をはじめとする越中富山の力士みなさんの健闘を写真の名力士と共に応援しています。「どすこい!おらあ~っ」^^


富山の英雄

富山県富山市呉羽町出身、第22代横綱太刀山の横綱土俵入りの勇姿です。富山の星!大関朝乃山関もこの太刀山の雄姿が掲げられる土俵で稽古に励み、尊敬の念をもって精進してきたのだとお聞きしています。「一突き半」で相手を土俵の外に出してしまうものですから、相手に恐れられていたそうです!「仏壇返し」の荒技も一瞬の勝負で決します。あの板垣退助が惚れ込んで入門を迫ったという力士なのです。僕の住む砺波には「太刀山」というお酒がありました。凄い横綱だったのです!正に富山の英雄。大関朝乃山関があとに続きます!^^


朝関!5月場所は連覇でね

今日から4月です!新年度初ブログは富山の星!大関朝乃山関に飾ってもらいました。大阪から東京の高砂部屋に戻った朝乃山関は、大関として初稽古を行ないました。体格も兄弟子であり付け人でもある朝鬼神さんの指導による筋トレで、大関級の体格になっています。今の時期!高砂部屋の稽古とトレーニング場で益々大きく!角聖の体格をつくり上げてほしいと思います。写真は去年の5月場所!初優勝したときのもの。「朝乃山関!5月場所は連覇でお願いします」^^/


富山の星!次は「綱」

きのうの「号外」に続き、今朝の北日本新聞です。「郷土の星 次は『綱』一面に満面の笑みの新大関朝乃山関!前に十両朝玉勢、後ろに幕下寺沢、三段目朝鬼神が担ぎます。高砂部屋にとっても富山県にとっても、そして日本国にとっても最も「横綱」をと願う力士!大関朝乃山関。石橋の名で初土俵を踏んだ2016年春場所から25場所!4年で掴んだ大関の地位。負け越しは6場所という早い出世には凄みを感ずると共にスケールの大きさを改めて痛感した思いです。初優勝した去年夏場所!もう、その片鱗を感じ取っていた舞の海秀平さん。「朝乃山は大関、そして横綱を狙える力士」その解説の中で何度聞いただろう!?僕は改めて「言葉に秘められた大きな力」を胸に強く感じた次第です。 


大関朝乃山誕生

本日!北日本新聞さんより「号外」を頂きました。本当にありがとうございます!日本相撲協会は夏場所番付編成会議と臨時理事会を開き、富山の星!朝乃山関の大関昇進を満場一致で正式に決定しました。新大関朝乃山関は「謹んでお受けします!大関の名に恥じぬよう、相撲を愛し、力士として正義を全うし、一生懸命努力します!」と、口上しました。四文字熟語のない口上は、当たり前に新鮮で最高に良かったです。近い将来にまた『謹んでお受けします』の口上を聞きたくて、もっともっと朝乃山関を大声で応援したいと思います。「横綱目指して頑張れ~っ」^^/


神送りと願い

今までの大相撲中継では見れない手打ち式と神送りの儀式が放送されました。場所が始まった頃のブログでもお伝えしてきたように相撲は神道行事です。四股を踏むことによって邪気を祓っているのです。このようなことも周知されるということは本当にすばらしく有り難いことです。明日!3月25日に新大関が誕生します。朝乃山関には必ずや「日下開山」まで駆け上がってほしいと願っています。


1 / 1712345...10...最後 »