とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 今年は豊作でね

代替医療。

代替医療とは何なのか?という素朴な疑問から、調べ!そして僕なりに考えてみたいと思いました。

 

ごしんじょう療法を実践するにあたり、代替医療という用語は承知してはいましたが、その意味は詳しくは理解をしていませんでした。大体、こんな風なことであろう!?くらいに思っていました。調べてみて、色々な事が分かったような気がしています。

 

代替医療とは「通常医療の代わりに用いられる医療」という意味が込められた用語である。代替医療は「補完医療」「相補医療」とも呼ばれる。その一方で、補完医療とは「通常医療や代替医療に取って代わるものではなく、補完する医療」という意味が込められた用語である。

 

米国でも日本でも学会など正式の場では、代替医療と補完医療を総称して「補完代替医療」の名称が使われることが多い。通常医療と補完代替医療の2つを統合した医療は「総合医療」と呼ばれる。

 

もともとは欧米から発信されている用語であり、欧米での医療の歴史が反映されている概念である。

 

代替医療を調べると簡単にこのようになるのですが、一体何を言いたいのか!?「通常医療が西洋医学であり、他の方法はというよりも西洋医学以外の医療一般を指して、代替医療とする」と、いったところでしょうか。

 

名称での格付けという感もありますけれども、すべてを認めたうえで、お困りの方を目の前にした場合!何とかしてあげたいと思うのは、ひととして当り前のことであると思います。

 

僕は、以前からこう考えます。その場所には医療関係者はいません!いるのは自分だけです。寄り添ってあげること!声をかけてあげること!勇気づけてあげること!これもまた、立派な医療だと。

 

知っている限りは、医療関係者でなくとも行うこと!悔いは残さぬようにやり尽すこと!と。災害時の鉄則であると思います。

 

ごしんじょう療法をはじめ、すばらしい代替医療は存在しています。エビデンス(科学的根拠、証拠)がしっかりとした代替医療と通常医療がしっかりとした『総合医療』として前進するならば『日本医療』として、世界に必ずや発信できると信じています。

 

ごしんじょう療法!貴峰道のホームページを是非ご覧ください。

エビデンス(科学的根拠、証拠、証言)も、しっかりと確認でき、「ごしんじょう療法は、代替医療の位置付けに於いて最たる医療である」と申し上げたいと存じます。拝、

 

 

 

comment