とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 思い込みでしたね

薬食同源!(白菜)

今回の薬食同源は、白菜です。^^鍋料理に煮物!サラダに漬物など!色んな料理に活躍してくれる野菜の代表格ではないでしょうか。

 

我が家では、畑に収穫せずに残しておいた白菜が5つあります!春先に菜花を収穫する為なのです。これが僕の大好物のひとつで、よく湯がいて塩を振るか!マヨネーズをつけて頂くのですが、正に春の味なのです。よろしければお試しください。(旨)

 

                  白菜

 

白菜は利尿作用、消化促進、便秘、整腸作用に効果があり、のぼせによる咳や喘息、塵肺、肝臓病、肥満、皮下出血、消化不良による下痢などの治療に用いられます。

 

白菜は遊離基(がんを引き起こす元になる人体内の弊害物質)の活性化を阻止し、消滅させるなど免疫力を高める作用を持っている事から抗がん作用と予防が期待できます。

 

白菜にはカルシウムとビタミンCが多く含まれています。カルシウムは骨格と歯の主原料で、神経、筋肉の正常活動の維持と血液凝固の補助に重要な役割を果たしています。ビタミンCは壊血病の予防やコレステロール値を下げる効果があります。

 

白菜には豊富な食物繊維があり、胃腸の働きを活発にして便秘を解消し、大腸がんの予防と治療に役立ちます。また体内の余分なナトリウムを排出するカリウムを多く含むので、高血圧の予防に効果があり、高血圧が最大の危険因子とされる脳卒中の予防につながります。

 

薬食同源!として、たまねぎ・にんじん・じゃがいも・キャベツに今回の白菜とお伝えしてきましたが!本当にすばらしい薬効があるのを知って正に『目から鱗!』状態です。^^

 

薬食同源!医食同源!という先人からの教えは、現代人、及び現代社会に対して「目を覚ましなさい」というメッセージなのかもしれないなあ!と、ひとり腕を組んで頷くのでした。^^

 

 

 

 

comment