とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 思い込みでしたね

大丈夫!子供の食事。

きのうのNHKあさイチで非常に良い事を取り上げていました。東京の三谷小学校の和食による食育です!

 

NHKあさイチのタイトルは「大丈夫?子どもの食卓」でしたが、拙ブログでは『大丈夫!子供の食事』としました。今からでも始める事によって健康な体作り!ひとづくりが出来るのですから・・・。さて、三谷小学校(さんや)では、給食に和食を取り入れ!その良さとおいしさに気づいた子がいます。朝食に菓子パンを食べていた男の子が、お父さんにお願いして和食の朝食を作ってもらい食べているのです。^^

 

これは校長先生のご慧眼だと思います。すばらしい教育者のもとにすばらしい人材が生まれます。和食以外の食事を否定しているのではなく!日本人本来の食事が、我々日本人のからだづくりにあっているのだと考えます。

 

食事の乱れというか!?からだに摂り入れる食物が合っていない場合には、物事に集中出来ない!キレる!といった症状が現れることもあると言われています。

 

食品添加物などにも気を配る必要があります。菓子パンや清涼飲料水は、和食と比較すると、食事として明らかな違いがあります。以前からもお伝えしている通り、和食!日本食が海外でブームになっています!然し乍ら、この日本では和食を積極的に食べていない現実がありからだづくり!ひとづくり!にもうひとつ不足を感じるのです。

 

こころの込められたお料理を前に!感謝して手を合わせ「いただきます」「ごちそうさまでした」これが今!日本人にとって、とても大切なことである!と、僕たちは考えています。

 

今!これを変えれば、きっとすべてが良き方向に流れます。

僕たちはそう信じています。拝、

2 Responses to “大丈夫!子供の食事。”

  1. nakaji より:

    考えてみれば、昔の給食はコッペパンばっかりでしたね!今の多彩な給食が密かにうらやましいです^^

    • shibata より:

      nakajiさま
      コメントありがとうございます。
      当時のコッペパンは食品添加物などの心配もなく安心だったんですよね!
      だけどもコッペパンに味噌汁にフルーツポンチという献立は!?さすがに
      ダメでした~!^^

      でも、何故か、揚げパンやきな粉パンには嵌っていました。あの頃からご飯の給食だったら病気は少なかったかも・・・。何て思っています。
      パン食は米国の日本に対する政策のひとつなのですから・・・。
      これからはお米!ご飯をたくさん頂きましょう!^^
      ごちそうさまです。^^

comment