とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 一日の始まり

アケビ

昔なつかしい「アケビ」です。患者さんに今朝!頂きました。「柿の木に巻き付いていたんです」とお聞きしました。(なつかし~い)^^

本当にありがとうございます。

 

実はもう!下の大きなアケビは食べてしまったのです。とにかく!なつかしさのあまり、その味を確かめたくて食べたのです。何というか!?羊羹の甘さではなく、ういろうの甘さという感じで、種が多く口のなかで種が少し邪魔をするといった!子供の頃に味わったそのままの味でした。「本当になつかしい忘れはしない!この味なのです」^^

 

昔からアケビは生薬として用いられ、重宝したものです!せっかくの機会ですので、薬食同源!として効能などをお伝えします。

 

          アケビの薬効

 

・ガン予防、抗炎症作用、脂質降下作用、肝臓病予防、腹水の予防

 と改善、淋病改善、利尿作用。

 

          生薬としてのアケビ

 

・アケビの茎を輪切りにしたものが、生薬木通(もくつう)です。

 漢方では腎臓に働き、膀胱炎や浮腫(むくみ)湿疹、月経不順、

 母乳不足に用います。

 

・アケビの果実は八月札(はちがつさつ)又は預知子(よちし)と

 いい、乾燥して用います。漢方では、胸脇部の痛みや胃痛、下腹

 部痛、月経痛、腰痛に用います。近年中国では尿路結石や乳がん

 への投与など!効果が研究されています。

 

         アケビの効果効能と分類

 

・木通(もくつう)を煎じて用いる。

(利尿作用、抗炎症作用、抗潰瘍作用、脂質降下作用)

(膀胱炎、浮腫、湿疹、月経不順、母乳不足)

 

・八月札(はちがつさつ)を煎じて、生食して用いる。

(胸脇部痛、胃痛、下腹部痛、月経痛、腰痛)

 

・新葉をほうじ茶にして用いる。

(利尿作用、健胃作用)

 

・葉、茎を20g煎じて用い、半透明の果肉を適宜食べる。

(淋病の改善、腹水などの改善、利尿作用)

 

✩ ツル、葉、茎、果実は、8~9月に採取して日光干しする。

 

 アケビって本当に凄い!アケビに感謝ですね。^^

 

 

 

 

comment