とれたてBlog

TOP > とれたてblog > 月と低気圧

柚子(ゆず)の効能!

「柚子味噌にしてね」と頂きましたので、今回は柚子(ゆず)の効能!と題してお伝えしたいと思います。

 

柴田接骨院のある富山県砺波市には庄川町という柚子の特産地があります。庄川の柚子は香りもよく「庄川ゆずまつり」には、たくさんの観光客や柚子を求めるひとで賑わいを見せています。「柚子饅頭」は僕的にヒット商品です!^^/

 

それでは、柚子のすばらしい効能をいくつかご紹介したいと思います。よろしくお願いします。

 

        柚子(ゆず)の効能

 

柚子はもともと柚(ゆう)と呼ばれていたのですが味が酢と似ていることから「ゆず」とゆうように、あ、すみません!言うようになったとお聞きしています。^^

 

柚子に含まれているノミニン・シトラール・ペクチン・リモネンは血流を促進し、血糖値を調整。免疫力を高め、習慣病などを予防する働きがあります。

 

血流促進から身体を温め、関節の痛みを和らげリウマチに効果があります!ゆず湯はとても理にかなっているわけですね。^^

 

柚子のアノ苦~い成分!リモノイドとリモネンやノミニンにはガン抑制作用があり、ビタミンCはレモンの約3倍あることから美肌効果も高く、風邪を予防します。

 

リスぺリジンは毛細血管に良く、ビタミンPも血管による疾患を予防することから、心筋梗塞・脳梗塞を予防します。

 

便秘にも効果が高く、医者の出されるお薬が効かなくなる程であるとも言われています。また、肌荒れやひび割れなどには、柚子の絞り汁を直接塗ると、油分が浸透して良く効きます。

 

柚子味噌や香りの調味料としても最高に美味しく、傷のあるものはゆず湯に、梅酒と同じ作り方で柚子酒にしたり、無農薬栽培の柚子は大変重宝します。

 

スライスした柚子を天日干しにして、柚子茶を作ります。とても美味しく頂け、健康なからだを造ります。

 

僕は、薬食同源として、いくつかご紹介してきましたが、身の回りにある身近なものがすべてとは言いませんが『ガンを抑制』する力を秘めていることに気づきました!勿論!アノ恐ろしい副作用何てありません。

 

「その季節の旬のもの」を感謝して頂くことが如何に大切であるかをこのブログ「薬食同源」を通して気がつきました!感謝です。

 

ありがとうございます。

柴田佳一 拝、

 

 

comment