とれたてblog

TOP > とれたてblog

手関節を整復する

1ヵ月程前にベッドを移動させようと持ち上げた際に右手首を痛められた患者さん(80代男性)。放っておいても治ると思われ、そのままにしておられましたが、痛みがずっとあって手をつけない状態で熱感もあります!早速『整復法』にて整復操作を行ないますと痛みと運動制限が一氣に消え去り、右手をついて体重をかけても大丈夫になっています。「こんなことなら、もっと早くに来ていれば良かった!」と大変驚かれ、そして喜んで頂きました。『お風呂にゆっくりと入ってお酒でも如何ですか』と、お伝えして治療を終えました!どうぞお大事に。^^


脚が開かない

「最近!仰向けに寝て、足を立てて(膝を曲げた状態)から膝を横に出来ないんです!脚が開かないんです」と言われる患者さん(60代女性)。深刻な状況と拝察致します。要するに股関節の痛みと制限があると判断して脊椎を『整復法』にて整復操作を行ないますと!もう完全に痛みと制限が雲散霧消しています。股関節には全く異常がなく、脊椎の歪体を正体に復するだけで即効、そして著効しますので患者さんはとても驚かれます。もう何をしても痛みも制限もありません。整復操作は、ほんの一瞬で終了します!「もっと早くに相談すれば良かった」と笑顔で仰っておられました。先人にこころから感謝します!『どうぞお大事に』。^^


突き指を整復する

1年以上前に突き指をされていて、先日にソファーを動かした際に再び右中指を痛められた患者さん(60代女性)。握ると痛みがあり、浮腫んだ感じがすると訴えておられます。早速!『整復法』にて整復操作を行ないますと「コツッ」という整復音と共に痛みが雲散霧消!握られても痛みはありません!浮腫んだ感じは少し残ってはいますが、痛みがなくなりとても喜んで頂きました。捻挫であっても湿布薬を貼って包帯固定する場合が殆んどですが『整復法』を行なうことで一氣に回復を見ます!我慢するより、何なりとご相談ください!どうぞお大事に。^^


大腿四頭筋を整復する

「両脚が痛くて痛くて、何とかなりませんか!?」とお困りの方(70代女性)が来院されました。連休中にたくさん歩かれたことや田畑の準備などで、大腿四頭筋に激しい筋肉痛を引き起こされたのだと拝察します。やはり、痛みが強く歩行も普通ではありません!ベッドに仰向けに寝て頂いて『整復法』にて大腿四頭筋を整復すると一氣に痛みが雲散霧消!「あれ!?痛くない!え~っ!?」歩いても大丈夫ですよ。とお伝えすると「うん!大丈夫です!え~!!」このように『整復法』は即効著効させることができる方法なのです。『大丈夫です!どうぞお大事に』^^


整復法への思い

柔道整復術の整復法は、骨折や脱臼を整復するだけではなく、軟部組織損傷においても整復法にて治療を行ないます。挫傷(肉離れ)などの整復は、驚くべき効果を発揮します。また肋骨を痛めた場合(骨折や不全骨折)の整復も同様で、痛みの一氣の消失や運動可動域の大幅な拡大など!患者さんの不安が消失します。整復操作を行なうだけの整復法がこれからも消え去ることなく後世に残るようにと、こころから願っています。

 

富山県砺波市 柴田接骨院 柴田佳一 拝、


股関節の痛み

股関節の痛みや制限(開脚ができない)にお困りの方が多く来院されます!やはり、女性の方が多く「恥ずかしい思いをするのはイヤだ」という思いから戸惑いがあり「我慢すれば、いつかは良くなるだろう」と何週間も、そして何カ月も経過し、耐えられなくなって来院される方は少なくはありません。柴田接骨院では、股関節には一切触れずに脊椎を『整復』することによって痛みと制限を一氣にその場で雲散霧消します。とても驚かれることになりますが、これは当たり前のことであり、からだにとって理に適った治療なのです。恥ずかしい思いは皆無です!ご安心のうえ、お電話にて、ご予約を入れてからご来院ください。^^


仙腸関節の整復によって

交通事故による肩の負傷をされた患者さんの肩の状態が一氣に回復を見ない為、仙腸関節の整復を行ないました処!かなりの回復を見ました。患者さんも驚かれる回復です。全く違う関節を整復するだけ、仙腸関節を整復することにより肩関節の痛みと制限が消える訳ですから驚かれるのも無理はありません!我々人間のからだは本当にすばらしくつくられているのです。こころから感謝したいとあらためて思います。^^


整復法にて

「1週間前から右の腰が痛くて」といわれる患者さん(70代男性)。腰痛ベルトをしっかりと装着して来院されました。健康の為に毎日歩いておられる方で、腰の痛みにお困りのご様子です。拝見すると腰ではなく!右胸骨後面に痛みを訴えられています。部位を確認して『整復法』にて肋骨を整復しますと一氣に痛みは消え去り、もう何をしても痛みはありません。『1週間も大変でしたね。もう大丈夫です!お風呂にゆっくりと入って、そしてお酒でも如何ですか』とお伝えしましたら、ステキな笑顔が返ってきました!『腰痛ベルトは必要ありません!どうぞお大事に』。^^


梨状筋症候群

最近!「梨状筋症候群」になっておられる方が多くいらっしゃいます。『荷物を引き出す際にお尻を痛めた』や『中腰の状態で仕事をしていた』など腰を曲げた状態が長かった場合に、お尻の筋肉(梨状筋)を痛めることになります。そして浮腫みが発生したことにより、梨状筋の下に走っている座骨神経を圧迫!そしてお尻から大腿部や下腿部にまで痛みが現れます。座骨神経痛といえば「椎間板ヘルニア」を思い起こしますが、この場合は梨状筋を痛めたことによるもので『整復法』にて整復操作を行なうだけで著効、即効します!整復後にはすべての症状が雲散霧消します!『大丈夫です。どうぞお大事に』^^


整復法と先人に感謝!

「足がしっかりと上がらない為によく躓(つまず)いてしまうんです!」といわれる患者さん(50代女性)。このような症状ですと転倒が多くなり、大ケガをしてしまうことになりますので『整復法』にて治療を行なうことになりました。ぎっくり腰の治療の際にご相談を頂きましたので早速!対応します。この場合は脊椎と仙腸関節を『整復法』にて歪体を正体に復するのみであり、整復後は患者さんの倍以上に大きくなった目が僕に向けられています!これ正に「目は口程に物を言う」というものであり、驚きと喜びが伝わってきます。治療家として、とても嬉しい瞬間です!両足とも今まで以上に高く上がっています。「良かったですね!どうぞお大事に。そして整復法と先人にこころから感謝致します!」^^