とれたてblog

TOP > とれたてblog

弓の清水

石柱に囲まれ屋根の真下に旭将軍木曾義仲公の放った矢が刺さり、そして清水が湧き出てきました。それを義仲公に進言したというのが、その地の松原大助!お近くの松原姓は僕の同級生にもおりましたので話を進めれば、何かしらの発見があるかもしれません。清水を覗かせて頂きますと、甕を伏せたような石があり、そしてその下から清らかな水が湧いていて、3mほど下がった所に囲いがあり、そこの網から溢れ出て、川へと流れています。この清水が渇き切った義仲公の軍勢!ならびに馬たちの喉を潤し、士気が大いに上がったと記されています。帰り道に何故か僕にまで、不思議と力が湧き出るような、そんな気がした「弓の清水」でした。


弓の清水の源義仲公

富山県高岡市中田の「弓の清水に立つ木曾義仲」!所謂、旭将軍、源義仲公の雄々しい銅像です。この右側にその「弓の清水」があり、義仲公が矢を放って以来!こんこんと湧き出しています。昨日のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、青木崇高さんが木曾義仲公を、そして巴御前を秋元才加さんが演じているのを見ていて「弓の清水」へ出向いたことに何か不思議なものを感じています。僕の地元近くに小矢部市下後亟という地があり「俱利伽羅合戦」で、義仲公を先導し共に戦った「蟹谷次郎」のご子孫がおられます。僕たち以上に今回は注目されていると思います。


今日から4月!新月です

この写真は満月なのですが、今日から4月!そして15:25新月です。イライラ感から、きつく当たってしまうかもしれません。熟睡ができなかった方も多いと思われますので、イライラ感や倦怠感など!いつもよりお疲れモードになっていても全然大丈夫!新月という宇宙と一体化するという何とも壮大な日なのですから。この壮大な日には、ゆっくりと入浴して、美酒を片手に好きな音楽を聴く。何て如何でしょうか!?今日、僕は「カーペンターズ」かな。どうでしょう!ご一緒しませんか。^^


4月の新月と満月

今日は、4月の新月と満月をお伝えしたいと思います。すぐなのですが、4月1日(金)15:25牡羊座の新月で、4月17日(日)3:56天秤座の満月になり、ピンクムーンと呼ばれます。春のシバザクラのようにピンクが美しいんでしょうね。今日は午前2:00に目が覚めてしまい5:00頃に再び寝てしまいました!やはり3日前後にも影響があるんですね。この期間は睡眠を妨げられるといわれていますが、僕自身も月の影響を完璧に受けているということの証左なのかもしれません。今日は睡眠不足でも穏やかな時間をたあ~っぷりと過ごしたいと思います。^^


旭将軍木曾義仲公

旭将軍、木曾義仲公が矢を放った姿の銅像です。高岡市中田の地には「弓の清水」があります。案内板には『寿永2年(1183)源平般若野の合戦に木曾義仲の軍勢、人馬諸共渇したること甚だしく、この土地の松原大助の進言で、此の地に弓を射た所、清き水湧き出して渇を医て士気大いに上がったところである』と記されています。現在、NHKで放送の大河ドラマ鎌倉の13人でもこれから注目されるであろう木曾義仲公。さて、三谷幸喜さんは一体どのような義仲公を描かれるのだろう?と、放たれた矢の先を今から楽しみにしています。「俱利伽羅合戦はあるのかな?」^^


いざらい(いさら井)

 

 今日は8:00から稲作の始まりを告げる「いざらい」を行ないました。昨日の暴風が信じられないほどの穏やかな日で、大変ありがたく思ったところです。去年よりもスムーズに事が運び、そして時間も早く終えましたので、正直!助かりました。終了時にお隣りのお父さん「約5,000歩だった」と万歩計を見て教えてくれましたので、久しぶりに『歩いた感』が気持ち良かったです。やはり!神道行事を行ったあとは、何故か不思議と良いものです。「皆さん!お疲れさまでした。そしてありがとうございました」(感謝)


鶴のたとえ

我々日本人と鶴の関係は深く、良きものの「たとえ」とされています。「鶴は千年、亀は万年」長寿と繁栄を象徴する吉祥の鳥なのです。「夫婦鶴」は、夫婦仲が良く一生連れ添うことを言い「鶏群の一鶴」は、多くの凡人のなかに一人だけ抜きん出て優れた人がいることのたとえであり「野鶴」は、仕官しないでいる人のたとえ。「閑雲野鶴」は、静かに空に浮かぶ雲と野に遊ぶ鶴のように何ものにも束縛されない悠々自適の境遇のたとえです。「掃き溜めに鶴」は、ごみ溜めのようなつまらない場所にも優れたものがあることのたとえ。「鶴の一声」は、小さな鳥が群がって鳴くより、鶴が一声鳴く方が威厳があり優れている。大勢で議論してもまとまらないときに実力者の一言で決することのたとえ。他にも「鶴の恩返し」「雲外の鶴」「折り鶴」「千羽鶴」などたくさんあります。縁起物や美しいもの、優れたもの、強きもの、日本人にとっては、こころから大切に思う鶴のたとえ。いつの日か、優れた実力者が威厳あるひと言を発し、世界中を鉛色から眩しくも神々しい光で天を照らしてほしいとこころから思います。


明日は満月です

明日18日㈮16:18は、乙女座の満月です。連休に向けて、荒天の予報もありますので、体調には十分お気をつけください。イライラ感なども沸々と出てくる可能性がありますので、お気に入りの音楽を聴きながら、ゆった~あり、そしての~んびりと過ごすのもおススメです。また、ゆっくりと入浴して美酒を頂くのもいいですね。男性はオオカミ男にはならないで、ウサギのように黙あ~って優しい気持ちで過ごしましょうね。


いざらいの前に思うこと

庄川を眺めていると下流ばかりを見ていることに気づきました。この水源はどこなんだろう?そんなことを考えていると以前にNHKで放送されていたことを思い出しました。岐阜県が日本海と太平洋の双方に流れる分岐点だったと記憶しています。『河川って正に日本のからだに流れる血液を隅々にまで、清らかに運んでくれる血管に相当する大切なもの』と感じました。ゴミを投棄したり、汚染物質を流したりという記事を目にしたことは確かにあり、魚が大量に浮いている映像も何度か見たことがあります。このようなことがないようにしなければなりません。田植えの前に水に入り禊ぎをして、河川をきれいにする神道行事「いざらい」を行なう前にもう一度!あらためて大切に考えたいと思います。


3月の新月ですよ~っ

今日は新月2:36でした。なかなか眠りにつくことができなかった方もあったかと思います。『忘れっぽくて頭がボーッとしてる感じかな』と上手く表現される方もありました。正にその通りだと思います。前後の2.3日、ゆっくりと入浴したり、好きな音楽を聞いたりと新月や満月の楽しみを満喫しては如何かと思います。からだに溜まったストレスや邪気を放出して、新しいエネルギーを取り入れるのです!そして「心機一転」また張り切ってまいりましょう。今晩は美酒を片手にご一緒しませんか?