とれたてblog

TOP > とれたてblog

日本人たれ!

最近、日本国内の汚点というか、日本人らしくない事が出てくる様になりました。丁度、白血球が戦った後の膿のように!こういうことは以前から本当に信頼のおける医師の良書をお勧めしていた通りです。

 

で、あるのだけれども、思い込みや洗脳された頭ではなかなか外せないのです!然し、外せる時期が来たのだと僕は思います。  

さあ自信を持っていくよ!

 

☆ 血圧のお薬のお話しです!

富山県の地方紙 北日本新聞2013年7月13日付(1)の天地人記載の一文です。

(転載開始)

年間約1千億円を売り上げる看板商品だったという。だが、その効果に偽りがあった。製薬会社ノバルティスファ-マ(東京)が販売する降圧剤ディオバン(一般名・バルサルタン)。臨床研究で、解析用データに「人為的操作」が行なわれていた。▼研究は京都府立医大が高血圧患者約3千人を2グループに分けて行った。一方がディオバンもう一方が別の降圧剤を服用した結果、ディオバンの方が脳卒中や狭心症を減らせると結論づけていた。ところが今回大学が行った調査で、効果があるかのようにデータが操作されていたと分かった▼言語道断である。大学側には会社から1億円を超える寄付金が渡っていた。これで都合よく結果をまとめていたとすれば”意は算術”とやゆされても仕方あるまい。それどころか、日本の臨床研究に対する信頼を損なってしまった。患者の思いも複雑だろう。降圧効果があるといっても、うそで固められた薬で前向きに治療できるものだろうか▼そもそも、製薬会社の社員が身分を明示せず研究に加わっていたことが常識外れだった。社員は統計解析を行っていたとみられる。大学の担当教授は操作を否定する。一体誰がやったのか。双方とも既に退職しているが、決してうやむやにできない▼会社も大学も真相を究明する決意はあるのか。真摯に取り組まねば、看板についた傷は消せない。

                                            (転載終了)

 ここからは僕の個人的意見であり僕の責任として記載します。

 

ひとは完全ではありません!病むこともあります。然し、病んだ時は手段として医師に頼ります。(すべてではありませんが)そこに、信用と信頼が生まれます。

 

信用と信頼する医師がお薬を処方を指示し、患者さんは処方されたお薬を手にします。お薬の作用と副作用と注意書きが同封されています。信用と信頼から患者さんはそれを服用もしくは貼付します。

 

日本人は自分のことよりは先ずひとの為に!という気質があります。そして、信用と信頼を大切にしています。自分の利益よりももっと大切なことを知っています。

 

転載させて頂いた記事の中に登場しているであろうひと達はまったくと言って良いほど日本人の気質を持ち合わせてはいません。日本人を骨抜きされた状態そのままです。

 

これでいいわけがありません!こんなことばかりだからこの国が今!どこかおかしいのです。今は、参議院議員の選挙期間ですが、それですぐによくはなりません!

 

骨抜きにされた日本人の身体に!精神に!おおきく凛とした骨を差し込めるのです。何を差し込めるのか?それは!明治二十三年十月三十日にお書き頂いた教育勅語です。その中に書かれている言葉は未だに生きています。ご自分で教育勅語をお調べになりお読み頂けましたなら!僕と同じ気持ちを共有して頂けると強く思います。

 

それで、ひとりが変わり、社会が変わり政治が変わる!

そうならば日本がおのずと変わる!

 


ニ連休です。

明日、明後日、と連休になります。

さあ!何しようか?

どこに行こうか?

 

はい!地元のお寺の境内と、妻の実家の草刈りに行きます!稲作の天敵であるカメムシの害虫対策を徹底して下さい。・・・とのことです!雨が降ろうがヤリが降ろうが決行です!

 

でも、やっぱりヤリが降ってくる時はやめておこう!と思います。

気温もやや低くなりありがたい感じで助かります。熱中症対策は、おいしいお味噌汁で万全です!

 

よ~し!がんばるぞぉ!


7月7日(日)八重の桜を見て!

僕は、テレビはNHKしか見ません。CMが駄目だからです。

でもNHKの回し者ではない事をお断りしておきます!(笑)

 

その中でも欠かさず見ているものがひとつだけあります。八重の桜です!今まで幕末を舞台にした作品は男の目から見たものがほとんどでした。

 

それを女性の目を通して見る幕末の・・・それも会津の・・・!僕個人としては、幕末の歴史は真実とかけ離れ過ぎており、すべてを認めているわけではありませんが、八重の桜は見入っています。

 

賊軍の汚名を記せられても殿様(松平容保公)と城を守り抜く為に最期まで戦うという強いこころ!に胸あつくなる思いです。

何故か・・・。 今の日本に対しての思いと似ていると感ずるのは思い過ごしなのか?

 

八重たち有志が夜襲をかけた時に、会津藩武芸師範 黒河内伝五郎(六平直政役)が敵に囲まれました。黒河内先生が、敵に対して鋭い眼で睨みつけ、大きな声で叫ばれた言葉を聞いて僕は思わず涙してしまいました。

 

「お前らに会津はわたさねえ~っ!」・・・・・・・・・・

 

どんなことがあっても守るんだという決死の思いと愛国心!これこそが昔のサムライであり日本人なのです。

 

今現在、参議院議員の選挙真っ只中です。このような思いの政治家が数多く当選されます事を強く祈念しています。(拝)


朝食に必ずお味噌汁ですよ~!

今日も猛暑で39℃を記録したそうです。昨日に続き熱中症で病院搬送された方は数多いと聞いています!連日、しつこく言っていますが、今日もまた言いたいと思います!

 

熱中症対策してください!猛暑になる日の朝食にはやや濃い目のお味噌汁ですよ~!一番簡単、確実な対策です。

 

カタカナの朝食(トースト、コーヒー)から本来の日本食にするだけです。あつあつのおいしいごはんにお漬物、そして出汁のきいたお味噌汁。これを守れば熱中症での病院搬送は激減する!必ず!

 

一助になれば!


熱中症対策はしっかりと!

最近は猛暑なので熱中症が多くなる傾向です。命に関わることですから、しっかりと対策をとることが必要です。以前からも拙ブログでお伝えしている通り、思い込みを外さなければなりません!

 

塩分は身体に良くない!塩分の取りすぎは血圧が高くなるので控えましょう!もう当たり前のように思っていませんか?

 

塩化ナトリウムだけの精製塩を摂っていると必須ミネラルが身体に入りません!熱中症対策に精製塩を摂っても対策にはなっていません!お値段は少し高くても産地のしっかりとしたお塩を求めましょう!

 

我が家では、能登で作られたお塩と沖縄で作られたお塩を摂っています。然し、いくら良いお塩だといっても摂りすぎはいけません!

自分自身が!身体が教えてくれます!

 

あともうひとつ感じていることがあります。お味噌汁を食べていますか?昆布や煮干の出汁がきいたお味噌汁を!

 

昔の日本人は、おいしいお味噌汁をいつも頂いていました。どれだけ暑い日でも悠然と働いておられました。おいしいごはんにお漬物とお味噌汁・・・・・!

 

昔の日本食に戻すだけで熱中症は激減します。

やってみませんか!

 

 


虫がいないね。

患者さんとお話しをしているなかで、「ウンカがたくさん出てもう大変です」とか・・・「カメムシ発生を防ぐために一斉草刈りの徹底をお願いします」などなど・・・・季節に応じて色んな虫の名前が耳に入ってきます。

 

二日前の7月2日(火)に柴田接骨院のまわりにセミの声がはじめて聞けました!やはり夏なんだな~蛍もひとつだけだったけどゆら~りと目にしたぞっ!富山県砺波市の夏の便りでした!・・・・・・・。

(まだ終わらんがじゃ!)

 

最初のウンカのお話をしていた方は砺波市の山間部に居住されておられます。夜になると照明のまわりや部屋の明るさに誘われて物凄い数が集まるそうです。朝になると半端無い数のウンカが照明の下に横たわっているんだそうです。

 

僕の住んでいる所でも10年前くらいまでは同じだったのです!

あの触るとくっさい!カメムシもそうです!だけど今はまったくいないのです!そういえば見ていない・・・・・・?

 

大切な日本の自然がゆっくりと崩れてきています!あれは僕の小学生だった昭和40年代・・・・・・・・・田んぼの虫を一掃するために始められたあの農薬散布!

 

あれからゆっくりと今まで時間をかけてじわりじわりと浸透させられてきました。田んぼに虫来ない!草生えない!これを何とも思わなくなっているのです。

 

僕は冷静になって考えてみたいと思います。農薬はお薬ではありません!虫や草がいなくなり、生えてこなくなる土壌で作られるものは安心でしょうか?

 

生態系を乱しているのは我々にんげんです!その生態系の頂点にいるのは我々であることを気にもしていないならば・・・・・

農薬に頼らなかった昔に戻したい!と、僕は強く思います!

 

現代ではビオトープを作り子供たちに自然の大切さを教えています。非常にうれしくなる試みであると思います。然し、日本のなかで少しでも生態系を元に戻す力が湧き出れば・・・・

 

日本中が本来ビオトープなのです!(カタカナことばは、ほんとはきらいです。)(笑)そういうひとがドンドン増えていけば田んぼにミジンコが沸き出でて・・・・はじめの第一歩になる!その一歩からこの国は劇的に変わる!

 

ウンカとカメムシが僕に教えてくれたこと・・・・・・

 

 

 

 

 


真夜中の地震!

日付が変わる数分前に地震がありました。富山県は比較的地震は少ない所でもありビックリしました。震源地はお隣の地区であり、震源の深さは10kmでした。

 

僕の住んでいる砺波市の震度は1とテレビは示していたのですが寝室は二階なのでかなり揺れたように思いました。いつ何時でも地震が発生する可能性がある日本列島なのです。

 

喉元過ぎれば・・・・!教訓!と、こころに刻んだことも忘れてしまう日常の過ごし方を反省し!もう一度!刻み込まなければなりません。最近、千葉県でクジラが打ち上げられた事を知りました。

 

こういった現象も頭に留め置きたいと思います。不安を煽るのでなく、家族で真剣に話しをしてみようと思っています!それが、あるのとないかで行動が決まる!

 

 


我が家の畑のこだわり!

我が家では、畑においてこだわりがあります。お袋が昔から続けてきた事を継承しています。化学肥料と農薬や除草剤は絶対に使用しない!と、いうことです。

 

草を刈ったりむしった際には、集めて積み重ね、生ゴミを混ぜ堆肥にします。大きなタンクに毎日出るお米のとぎ汁を入れ、納豆や稲わらを入れて発酵させます。鶏糞と毎日出る米ぬかを撒きます。

 

地道に続けてきたおかげで作物も、ほど良く育つ土壌が出来てきたと思います。去年から、畑を彩る支柱立てはすべて竹を使用する事にしました。緑色のブツブツの支柱は長くお世話になったのでもうボロボロ状態でした。

 

妻が去年、「竹の支柱立てにすれば虫があまり寄り付かないって現代農業(農文協)に書いてあったよ!」と、教えてくれたので早速実行したのです。すべての支柱立てに縄を使ったところ・・・今までの畑が非常に美しく見えるのです。

 

作物が生き生きしているとさえ思えます!みなさんも支柱立てに竹を使ってみませんか!アブラムシもそんなに来ないと思います!

 

僕は竹屋さんの回し者ではありません!(笑)良いものや良いことはドンドンお伝えしたい!ただ、それだけです。安心安全に、こころを込めて手をかけて作物を育て、収穫し、手を合わせて頂く。

 

TPPに負けない日本人の農業を行いたいと思います!

食して健康になるのが日本人の農業であることを信じて・・・・・・・・

 


畑でのカラス対策!

最近、カラスに苦慮しているという話題が多いです。スイカをつつかれた!トマトをやられた!植えたものを抜き取られた!などなど

カラスは頭がいい!・・・と、あきらめの溜め息!ハァ~・・・・。

 

然し、やられっぱなしではいけません!カラスよりもひとのほうが頭が良いのです!絶対に!

 

漢字検定1級を目指しておられる中村先輩と、色々話していたら畑の話題に・・・・タヌキとの頭脳戦の話しやカラス対策!もうどうしようもないのが二本足で走って逃げていく動物だった!という話し。

 

良いことはみんなで共有しよう!という思いからドンドン発信拡散していきます!畑でのカラス対策!畑にミズ糸を張ります!(100円均一の魚釣りのコ-ナ-で求めた釣り糸)本数は畑の広さによって変わると思いますので、少なからず!多すぎず!です。

 

カラスは警戒心から糸が張ってあるだけで寄り付かなくなります。

 ミズ糸は細いわりには大変強いものですから、張る場所や高さに十分な配慮が必要ですので家族の方には必ず伝えておきましょう。

 

カラスも生きていくうえで食べ物を探します。タヌキも然りです。

ひとも自分や家族が安心して食べられる野菜を懸命に作ります。

 だからおいしいのです。おいしい!って分かるからカラスやタヌキが食べようとやってくるのです。また別の意味で彼らに感謝して、ミズ糸を張りましょう。

 

ご健闘を祈ります!

 

 


お塩は大切です!

これからの季節!暑くなる日が多くなってきますね。僕は、暑くとも課せられた仕事をこなします。草刈りです!

 

自宅の周りや畦、地域の河川、お寺境内、妻の実家の周りや畦などなど・・・・・梅雨の天の恵みは、緑をすくすくと、力強く育みます。

それを刈り取るのはかわいそうなのですが、ごめん刈るよ~!といってから刈ります。

 

梅雨の晴れ間は蒸し暑く、大量の汗とミネラルが身体から放出していきます! 水分の補給ばかりに気を取られているとミネラル放出が加速してしまい・・・・毎年増加傾向である「熱中症」になってしまう恐れがあります。幼児から人生の大先輩まで幅広くです!

 

お塩!というか塩分は身体に血圧に良くない!ということをよく耳にしますし、目にもします。確かにある意味では的を得ています。

然し、塩分にはいろいろ種類があります。

 

種類をしっかりと知ることも大事です!塩化ナトリウムではない!海からの恵を凝縮した天然の塩がひとに必要なのです。たとえば、能登の海水から作られた塩や、沖縄の海水からの塩など産地が分かるものが望ましいと思います。

 

天然の塩はひとの身体に必要なミネラルがたくさん含まれ、身体に有益なだけでなく、血圧もコントロールする作用があり、いわゆる生体恒常性が保たれやすいのだそうです。以前に紹介した「医学不要論」 内海聡著 に詳しく書かれています。大切な命を守るために一読をお勧めします!

 

僕は、熱中症対策に必ず天然の塩をお水に入れてもらいます。

お味噌汁を冷やしたのも、たまにいただきますが、とてもおいしく!なお且つ疲れも少なく草刈りが出来るのです。

 

塩化ナトリウムの精製塩を避け、天然の塩にするだけで血圧も身体が求める数値に近づくのだそうです。今、思い込みを頭から一度外してみませんか!

 

刷り込まれた情報を少しだけでも取り除けるならば!強い力士に高々と塩を撒き清めてもらうように!身体が良い方向に変化していくと思います。

 

天然のお塩で大切な身体を丈夫にしていきましょう!

身体の欲するまま!自分の身体にまかせれば良いと思います!

 

熱中症対策は忘れずに!

 

一考になれば!